食べ物のこと

千葉で生きたイカが食べられるところ 魚一商店 津田沼直売所 活きイカ

投稿日:2017年7月23日 更新日:

嫁が活きたイカを食べたいそうだ。

 

 

広島に住んでいたとき、私がたまたまネットを見てたら、九州呼子の業者でイカを活きたまま送るというサービスがあり、それを申し込んだのだ。

 

2杯買って、1杯を嫁が味見で食べたのだが、感動的な美味しさだったそうだ。

 

イカは将太の寿司にもあるが、活きているイカは透明で、死んだらすぐ白くなるそうだ。透明→やや赤(怒った色)→白。その変化はあまりにも早いので一般人が食べるイカはすべて白になってしまう。

 

で、私と子供達に食べさせるために、残りの1ぱいを切って置いておいたそうなんだが、夕刻にはすでに白いイカと化していた。鮮度落ちるの早すぎだろう。だから私と子供は白いイカしか食べてない。

 

で、いま千葉に住んでいるが、たまに嫁がイカイカ言うことがたまにある。また呼子から取り寄せようかぁと思うことが何度もあったが、イカも季節がある。

 

冬の時期のヤリイカと、7月頃のスルメイカが旬のようだ。

 

そしてようやく7月が来た。スルメイカを呼子から取り寄せようとネットで見てみると、東京は送れないとのこと。

 

東京が嫌いなのか、いやがらせか?詳細を見てみると、距離的に生きたまま運べないそうだ。九州から広島は近いけど、東京は遠いもんな。なるほど。

 

 

そこで「関東 活きイカ」で検索してみたら、東京駅近辺にイカセンターというのがあるそうだ。しかし、口コミを見ていくと「高い」という声が多い。そりゃ東京駅だからな。それに生きたままのイカを提供するには、まず生け簀が必要だし、輸送費も大変だろうからな。しかしイカに5,000円近くもかけるのはどうかしてるだろう。

 

 

再度「千葉 活きイカ」で検索すると、東西線浦安駅徒歩1分のところに「うらやす」という魚料理屋があって、そこが活きイカの提供をしているそうだ。これは近い!早速週末にでも行ってみるかと思い、平日の晩にお店に伺ってみた。すると19:30頃なのに客がまったくいない。若いポカーン系の男性店員がおり、彼に入荷があるのか尋ねると、「ちょっと聞いてきます・・・」(しばらくして)「・・注文はしているのですが入荷がないそうです」とのこと。

 

なんだそれ。この店は活きイカに力(ちから)を入れてないなと思った。入荷が無いのは仕方がないよ。だが、入荷してるかどうか店員が把握していない、これが力を入れていない証拠だ。しかも生け簀は目の前にあるし。しかも「前もって電話をしてもらえたら・・」とかの営業トークもないので、ダメだこりゃと思って店を出る。

 

 

さらにネットで調べてみると、魚一商店というのが見つかった。ここは活きイカを全面的にアピールしていて、関東圏では格安の\2,780で食べれるそうだ。南柏とか津田沼とかいまいち位置が不明だが、調べてみると、なんと津田沼は西船橋から総武線でたったの3駅ではないか。ここならなんとか行ける。

 

 

しかも「ぐるなび」に奈川松輪直送泳ぎ活真イカ(スルメイカ)15杯入荷! と書いてある。しかも情報はその日の15:00頃に更新されるようだ。Web情報を毎日更新するとは力を入れている証拠だ。

 

 

本日7/22(土)の15:00頃、ネットで調べてみると15杯入荷があるようだ。早速電話してみる。

 

私「ネットで15杯入荷があると見たのですが、そのうちの1杯を押さえた上で予約ってできますか?」

店員さん「できますよ!」

さすが力を入れている店は話が早い。19:00に予約を入れて、津田沼に行ってみる。

 

 

津田沼駅を北口で降りるそうだが、いきなり道が解らなかった。北口を出て1階に降り、すぐ左方向に歩くとこんな景色が。

 

 

ミニストップを右に曲がるとこんな景色。このまま少し行くと左手に見えてくる。

 

 

魚一商店。ここでーす。ここでございまーす。今日はイッテQが無いので遅くなっても大丈夫だ。

 

 

入るといきなり水槽がお出迎え。透明なイカが泳いでいる。(・∀・)イイネ!!

 

 

席に通されると、もうイカの注文は当然のように通っていて、おじさんが、活きたイカをそのまま持ってきてくれた。

 

 

おじさん「このイカを、今からやっつけてきます!!」

子供達「かわいそう」

言うと思った。

 

 

到着した。イカである。若干白い気がしたがこんなもんか。ゲソは刺身・塩焼き・天ぷら・唐揚げ・ゴロ焼きにできるそうなので、天ぷらにしてもらう。

 

 

醤油につけるとしっかり透明なのが見てとれる。

 

 

食べると確かに美味しい。コリコリだ。甘さも感じる。

 

嫁に「これいくらすると思う」と聞くと、

嫁「600円くらい?」

 

・・・相変わらず嫁の金銭感覚には恐れ入る。

 

神奈川から取り寄せて、生け簀まで用意して、捌く前にお客さんに見せて、このゴージャスな盛りつけで、ゲソを天ぷらにして、一日十数杯しか入らないものを600円とは。店員さんが聞いたら悲しい顔になりそうだ。

 

しかし金銭感覚でいうと嫁の方が正しいのかもしれない。スルメイカなんてのは死んでて良ければスーパーで1杯200円くらいで売っている。捌く前に見せるとか豪華な盛り付けや天ぷらなんかの付加価値は嬉しいけど、別にこちらが望んでいるわけではないからな。実際、特上刺身盛り合わせ3人前より金額が高いのに、安いと信じている俺の方がどうかしてる

 

 

子供達にも気に入ったようで、どんどん箸が進む。

 

 

イカの肝みたいなものがあったが、それも美味しい。

 

 

そうこうしていると、注文した特上刺身盛り合わせ(2人前)+サーモンがやってきた。いい感じだ。

 

 

イカと刺身を食べるのに、何を思ったのか生中を頼んでしまったので、日本酒を追加でオーダーする。幸いなのか不幸なのか地酒祭りという余計な祭りをやっていた。

 

 

辛口好きな俺が、エイヤーで頼んだのは「梅乃宿」。これが超甘口。なんたるオーダーミス。しかしなんとなく梅の香りがする。

 

 

おお。宮島ビールというのもあるそうだ。広島に住んでいたが知らなかった。こんなものを飲まなくても今日もカープは勝ち勝ち勝ちだ。

 

嫁も満足したようで何よりだ。魚一商店さん、また活きイカが食べたくなったら寄せてもらいます。

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-食べ物のこと
-, , , , , , ,

執筆者:


comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

関連記事

東京人形町 京粕漬の魚久に行ってきた

先日忘年会の席で上司から魚久の粕漬けが美味しいと聞いたのだ。   私は関西出身だから知らなかったが、東京の人には有名な粕漬けの店らしい。   しかもその中に超絶に塩辛いシャケがあっ …

築地で寿司、月島でもんじゃのダブルヘッダーと思ったけど

ああ、喰った喰った。食い過ぎだ。     昼間からビール2杯はやり過ぎたな。だって寿司の写真撮るのにビールを添えないとダメでしょ。だからもう一杯頼んだんだ。   &nbs …

東京人形町 回転寿司 海鮮三崎港 でランチ

時は年末有馬記念の日、人形町の魚久に行く帰りにたまたま立ち寄ったありきたりのチェーン店の回転寿司に行ってみた。   メグは塾で、ケイは家でお留守番。嫁と二人で買い物に出かける帰りに、ケイには …

我が家は焼肉屋さん♪ ミスター味っ子もびっくり 溶岩焼肉

日曜日はイッテQのおかげで外食産業は上がったりではなかろうか。     日曜日に外出して帰り途中に、「今日は外食するか」と言うと子供たちに、     「今日はイ …

行徳 ステーキ&ハンバーグ 松木 に行ってきた

行徳にはステーキ屋が複数あるが、そのうちの一つであるステーキ松木に行ってきた。   場所は駅から徒歩1分程度。   2年前くらいにオープンしたと思うが、当時表に出してるメニューをチ …