身の回りのこと 食べ物のこと

日本一硬いおせんべい 伊賀名物 かたやきを買ってみた

投稿日:2019年4月25日 更新日:

宮田屋で買った入山せんべいもあと数枚になってきた。

 

これが無くなると寂しくなるので、また買いに行かねば。

 

その美味しい入山せんべい。何が良いのかといえば、味もさることながら、この「硬さが良い」と嫁が言う。

 

ふーむ、それならもっと硬い煎餅を買ってやろうと思って、ネットで調べた日本一硬い「伊賀名物かたやき」というのを買ってみたという話。

 

楽天市場でポチると、2~3日後に届いた。ポストに入りそうなサイズだが、かなり重い

 

これが、かた焼おせんべい。「ごま」と「青のり」を買ってみた。

 

他にもピーナツ・クルミ・アーモンドとかあったけど、私はナッツ系が嫌いなの。甘そうだし。これが一番無難でしょう。

 

ふむ。小麦で作っているのか。煎餅とは米で作るものだと思っていたがな。

 

中身を取り出してみた。触っただけで重厚感があり、見るからに硬いのが想像つく。

 

お召しあがり方によると袋のまま打ち付けるんだと。そんなことは知らんな。ボリボリかじればいいんだろ。

 

ガジッ!!アガッ!!・・・メチャクチャ堅い。歯が立たないとはまさにこのこと。見てよこの密度の濃さ。無理やり食うと歯が割れるかも。

 

私がアンガアンガかじっていると、嫁が工具で割りだした。オイオイ、硬いのがいいと言ったのはオメーだろうに。

 

この煎餅、もう一つ特徴があった。

 

それは・・・甘いことだ。

 

私は海苔と聞けば、すぐさま湖池屋のポテトチップスのり塩を思い出す人間だが、それと180°真逆の味。

 

それもそのはず、原材料は小麦粉・砂糖・青のり、以上!だからだ。そりゃ甘いよね。

 

しかし賞味期限が2019年5月って、あと2ヶ月しかないやん。

 

この硬さと密度ときたら30年くらいは保存が利きそうだがどうなんだろうか。

 

そういえば、硬いせんべいって決まって甘いのが特徴ですよね。

 

塩か醤油味で日本一硬いせんべいを開発してもらえないだろうか・・。

 

記事は以上です。今回は短い記事ですみません。ご覧下さりありがとうございました。

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-身の回りのこと, 食べ物のこと
-,

執筆者:


comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

関連記事

行徳 中国料理 独一処餃子に行ってきた

今回は行徳駅近くにある独一処餃子さんの記事になります。   独一処とは、同じ物が2つないという意味らしいです。   今までチェーン店かなと思って敬遠していたのですが、実は葛西店と行 …

名代富士そば 異色のコラボレーション ヘルボーイ vs 赤ざるボーイ

今日はIT勉強会のため代々木に来ました。   勉強会が正午スタートだったので、早めに行ってメシを食べるところを探したのですが、なんか微妙なところばかりでした。 代々木って新宿の隣なのに栄えて …

南房総白浜 割烹旅館 清都 料理旨すぎて多すぎて死ぬ

前回の記事、館山ファミリーパークに行った続きの記事になります。   もう1年以上前の話ですが、会社の同僚に「美味しい海の幸をたらふく食べられる漁師民宿的な宿はないですか」と聞いたところ、教え …

行徳 貴州菜園に売ってる海苔を買ってみた

毎日でも行きたいメチャウマ中華の貴州菜園。   相変わらずコックさん不足なのか、忙しいのか分からないけど、お昼のメニューが限定されていてやや心配。   今日はちょっとピリ辛でまいう …

中古ですがiMacを買いました

メグちゃん(娘)がiMacをぶっ壊しやがったので、新しいのを買ってあげました。   といっても中古ですが、美品です。   Windowsしか使ったことがなくて、Macを見たことない …

Adsense広告




文字で検索

人気記事

なぜだか人気記事

読んでほしい順に