プラクリン 歯ブラシ スーパーソフトタイプ降臨

身の回りのこと

今回は以前ご紹介した歯ブラシの記事の続編になります。

 

ようやくこの時期がやってきました。

そう、プラクリン歯ブラシを購入できる時期がきたのです。

 

プラクリン歯ブラシの記事はこちらです。市販されていませんが現在はメルカリでも手に入ります。

プラクリン歯ブラシが大絶賛される
今回は歯ブラシの話題です。 近年は予防歯科といって歯医者さんで歯の磨き方を教えてくれる時代です。 歯周病はあらゆる病気の元ですし、口臭は他人に不快な思いをさせるので気をつけたいですね。 予防歯科のおかげで歯...

 

在庫が底を尽きかけていたのでちょうど良かったです。

 

年に数回ほど会社にこのような申込書が配布されるのです。保険組合がやっている薬の斡旋販売です。

 

こんな感じでカタログ販売のように選べます。市販より安いものもあるのでよく活用しています。

 

写真右下にあるやつです。購入時期が数か月間と空くので、またまとめ買いしておこう。

 

発注してから1ヶ月くらいで届きます。ちょうど忘れたころに届く感じです。

 

今回は他にも糸ようじ・ムヒ・パブロン・トローチなども買いました。

 

30本買いました。賞味期限もないのでまとめ買いでいいでしょう。

 

うーん、ちょっと多かったかも。やってしまった感があります。2年分くらいあります。

 

別のタイプが売られていたので買ってみました。PLAQLEAN SS。スーパーソフトタイプです。

 

もともとの歯ブラシをもとにやわらかめに作ったそうですが、使い心地はどうなのでしょうか。

 

一応比較です。。下がスタンダード品、上がスーパーソフト品です。

 

普通品の耐熱温度が80℃に対して、SS品は60℃でした。

 

開けてみました。柄のところにSuperSoftと書いてあります。

 

使ってはみた感想は、個人的には柔らかすぎだと思います。

毛が柔らかくなったのは間違いありません。

そのおかげで、ここちよいブラッシングが損なわれてしまったのと、毛先がすぐ開いてしまうのが難点に感じました。

歯茎が弱い人にはいいかもしれません。

 

私にはやはり標準品のプラクリン歯ブラシの方が使いやすいです。

参考になればと思います。

 

記事は以上になります。

ご覧くださりありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました