プラクリン歯ブラシが大絶賛される

身の回りのこと

今回は歯ブラシの話題です。

 

近年は予防歯科といって歯医者さんで歯の磨き方を教えてくれる時代です。

歯周病はあらゆる病気の元ですし、口臭は他人に不快な思いをさせるので気をつけたいですね。

 

予防歯科のおかげで歯の磨き方は自分の中で確立したのですが、なかなか良い歯ブラシに出会えず困っていました。

 

安物は使わず「Gum」とか「システマ」などの歯科医師用を使っていましたが、固さだけでも種類があるのでなかなかベストな1本が決まらない。

そんなとき、ついに見つけました。

マイベスト歯ブラシ。

 

それがこれ。PLAQLEAN(プラクリン)といいます。もう4年以上愛用しています。

 

これが超気持ちいいのです。

ブラシの感触がまさにちょうどいい感じ。

 

毛先が歯周ポケットに入り込む細さなのに、柔らかくもなく固くもない最高の心地よさ

歯周ポケットをブラッシングすることに特化している感じです。

 

見つけたのは会社が加入している保険組合の医療品斡旋のチラシです。

 

メーカー名は、ジャパンハウスホールドプロダックス㈱。

本社は池袋らしいです。

 

ところがホームページもなく、薬局にもなく、Amazonにも楽天にも売ってない。

欲しい時はその保険組合で買わないと買えないのです。

 

商品はピンクの3本セット。私はこれを10セットほどまとめ買いします。こんな感じですね。

 

歯科医院用歯ブラシと書いています。たぶんこれが書いてなかったら買ってません。圧倒的な説得力です。

 

型番はP-028と言います。

 

全体図はこんな感じ。大きめなので普通に大人用です。

 

ズーム。毛の長いところと、短いところがあります。この毛先が歯周ポケットをつつくわけです。

 

水平展開

先日私がこの歯ブラシを購入し、会社に届いたときのことです。

 

一気に50本くらい買ったので、それが上司の目に留まってしまいました。

上司はそれがとても気になっておられたようなので1本進呈したのです。

 

すると次の日、大絶賛!

それから上司も次の機会にめでたく購入し、ご家族全員それに替えたそうです。

 

最近になって話をきくと、「色々探したけどこれを上回る歯ブラシは存在しなかった、超気持ちいい」だそうです。

最大級の賛辞。勧めた僕も嬉しいです。これで私もこの歯ブラシに確信を持てました

 

しかも、上司が大量に購入したのを見て、別の課の女性社員が気になったみたいで、その方にも一本進呈したのです。

そしたら次の日、超気持ちよかったです!使っていた歯ブラシ全部捨てました!とのこと。

 

それはさすがに引く。

 

そんなにいいのか。

おそるべしプラクリン歯ブラシ。

私のレーシックも体験談から続々と伝染していったが、まさにそんな感じになりそう。

 

歯の磨き方講座

突然ですが歯の磨き方講座のお時間です。

 

歯を磨くときは、歯と歯茎の間、歯周ポケットにブラシの先端をあて、小刻みに動かすべし。

 

小刻みがポイントです。大事なことなので2回言いました。

ガシガシ磨きは、歯茎が痛むし、実際磨けているようで磨けていないそうです。

 

とはいえ、ガシガシしないと物足りないものですよね。

だから私もガシガシしていました。

 

下記写真をご覧ください。

 

黒いのはコーヒーです。これが汚いバイキンだとします。それに歯ブラシを当てると・・

 

ぎゅいーん。毛細管現象というのか、汚いバイキンが吸い上がる。だから、いわゆる歯周ポケットにブラシの先端を当て、小刻みに動かすだけで十分らしいのです。

 

この磨き方は歯医者さんで教えてもらいました。プラクリンに出会ったのはその後ですが、やはり同じようなことが説明書きに書いています。

 

この磨き方には、この歯ブラシがとても有効だと思いました。

毛先が細いだけの歯ブラシはいくらでもあるのですが、この弾力性がピッタリですね。

 

まとめ

柔らかいとか固いとかを選択する必要が無いのがいいですね。

まさにベストな1本でした。

やや値段が高いですけど、許せないほどでもないし、なかなか長持ちするのでオススメです。

 

記事は以上です。ご覧下さりありがとうございました。

よろしければ他の記事もお願いします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました