潮干狩りや釣り

江戸川放水路のカキを喰ってみた&潮干狩り

投稿日:2017年5月22日 更新日:

先日5/14(日)は、干潮3cmというなかなかの大潮。

 

絶好の潮干狩りデイだったのだが、子供の運動会が重なっていけなかったんだ

その日はYouTuberの星野さんも江戸川放水路に来られていたみたい。行けなくてとても残念だ。

 

そのリベンジとして今週末、5/20(土)に長潮、朝7:52に潮位100cmという微妙な条件だが、昨晩早起きしようと決意し就寝する。

 

朝4:30に目が覚めて、少し早いが善は急げで早速江戸川放水路に繰り出した。

朝5時過ぎに到着してしまい、まだザブーン状態(潮が満ちている)だったので、やっちまったかと思ったが、少し土手をウロウロして時間をつぶす。

 

写真は無いが、土手はウォーキングのおじいちゃん、おばあちゃんでにぎわっていた。

すれ違いに声を掛け合っていたが、この時間に長靴と潮干狩りセットを持った私はかなり異質な存在に映ったにちがいない。

 

しばらくしてから下に降りてみた。まぁまぁだな。少し潮が引いてきた。

 

ところで何だ。この巻き巻きうんこみたいな物体は。そこら中にあるぞ。砂が形つくられたものだが、どうやったらこんなものが出来るんだ。ミステリーサークル以上に不気味だ。

 

今回の目当ては、アナジャコと以前から気になっていたあの貝

 

アナジャコとはこういうのだ。たまに食卓にあがるシャコのようだが、平たく言うとザリガニのようなやつだ。爪が2つある。

 

このアナジャコという生き物は穴に潜んでいて、筆でおびき寄せる漁法で釣るのだ。まずはその穴を探す。まだ十分に潮が引かないが、架橋の根元あたりを掘ってみる。

 

掘っていくとあった。初めて見た。どうみてもこの穴だろうという穴。真円を描いている。太さは筆よりやや太いくらい。

 

こんな感じだ。しばらくすると、筆がピコンピコンと引っ張られていたので、筆を手にとってみる。

 

 

ビクンビクンしているのがわかる。筆をクルクル回し、くすぐりながら穴の上まで誘い出す。

 

釣るのではなく誘い出すのだ。この感覚が難しくまさにアナジャコとの駆け引きになる。

 

そして穴から爪を出したとき、瞬時に手で捕まえるらしいのだが、これが超難しい。

すぐ引っ込むから一匹も取れなかった

ザリガニのように筆をハサミでつかんでくれたらいいのだが、そう人生うまくいかないらしい・・

 

何度かチャレンジしたが、なんか時間の無駄な気がして、まだるっこしいので、アサリにシフトチェンジする。

 

 

アサリはガンガン出る。今日は良いポイントを見つけた。いつものポイントは小さいのばかりだが、今日はスーパーサイズ(スーパーで売ってるサイズ)がゴロゴロでる。

 

これは小さいがシオフキだな。即リリース。シオフキはあまり砂を吐いてくれないので誰も取らない。だからシオフキはアホほどいる。

 

これはなんだ。おそらくオキシジミの子供だろう。ツルツルしてるからハマグリかと思った。

 

これだけ取れた。潮干狩りにはちゃんと網を持っていこう。砂を落とすのも、海水でジャブジャブするだけなので楽だ。スーパーやドンキ等には売っていないが、釣り具屋には売ってます

 

家に持って帰ってきた。ここから選別作業を行う。写真には一部しか写っていないが、ハッキリ言ってかなりの量だ。

 

ミミック先生(中身が砂)が紛れていることがあるので注意が必要だ。このへんを爪で押してみて開かなければ大丈夫だ。後で酒蒸しを砂だらけにしたくないので俺は必ずこれを全部やる。

 

今回は大きなアサリが取れた。左がいつものサイズ、右が一番大きなジャンボサイズだ。素晴らしい・・。

 

1個だけオキシジミも取ってきた。ネットでは美味しい・不味いと意見が分かれているので、私が一般庶民を代表して判決を下してやろう。はたして・・・。

 

さぁ砂出しタイムだよ。アサリが窒息しないように浅いパレットに入れようと言ってる奴がいるが、いまさら言うなと言いたい。

 

さっきの写真で気づいたかもしれないが、そう、牡蠣を取ってきた。1個だけだ。

 

以前のブログでも言ったが、牡蠣はすごく気になってたんだ。なんせそこら中にある。

 

とはいえ、どのブログを見ても獲らないでとか危ないとか死にますなどと危険を謳う文句がいっぱいだ。

牡蠣は海水を浄化する能力がとても高いので、牡蠣の体内は有害物質でみ・な・ぎっているそうだ。

 

怪しい

俺はこういうのをすごく疑ってかかる

例えは悪いがセルフ髭脱毛の話もそうだ。

髭脱毛クリニックを紹介するブログがセルフ髭脱毛は安全ですなんて絶対言わないだろう

危険です!クリニックをお勧めします!そう言うはず。

 

江戸川の牡蠣が危ないと言うなら何の危険物質が含まれていて、どういう健康被害があるのかを具体的根拠で示してほしい

 

俺が思うに、海おいしい、牡蠣おいしいならば汚い海と称するこの場所の牡蠣は最高に美味しいのではないかと思うわけ。

 

まぁそれは半分冗談だけど、危ないとか死にますは疑っても、獲らないでは理解できる。

確かに海を浄化する牡蠣を取りまくるとよくないので、1個だけ味見してみることにしてみた。

 

牡蠣の本場、広島では電子レンジで調理する(人もいる)。1000Wで1分くらいかな。

 

はい完成。めっちゃ牡蠣やん。身もぷっくりしていて実に旨そう。とはいえ、危険という意見が多いので恐る恐る食べてみる。匂いもかいでみるが悪くない。

 

感想。めちゃくちゃ旨い・・。試食と一緒で1個だけだからか、とにかく美味しく感じました。

 

アサリとオキシジミは、面倒なので全員イオナズン酒蒸し)でかたずけてやったぜ。右のデカいのがオキシジミだ。

 

風船のようなプックリが気持ち悪い。某ブログで美容院のパーマ液のようなケミカルなテイストとか、まるでパーマ液の味を知ってるかのような表現があり、その先入観のせいか変な味に感じてしまった。

 

アサリは翌日の夕方に、嫁と一緒に(第3の)ビールでいただいた。いいですねぇ、最高です!

 

最後に触れないといけないのは、その後の体調だが、まったく問題なし。

私と嫁でこの大量のアサリをほぼ半分づつ召し上がったが何もなし。

 

オイ、どうした!?死ぬんじゃなかったのか(笑)

 

という挑発は冗談として、正直貝毒も心配だったけど何もなかったので良かった。

時期で思い出したが今は5月だからMayだ。Rがつかないじゃないか、やばいやばい。

 

子供も大人も真似しないでください。特に生食は絶対ダメですよ。美味しい牡蠣が喰いたいのならフランスに行きましょう。

 

 

江戸川放水路はハゼ釣りでも有名だが、牡蠣殻をそこら中に棄てていく人がいるせいで、根がかりが凄いんだマジで。

くり返しになるが、江戸川の牡蠣が危険だから食うなとかは知らん。

食えるもんは食えるんだから後は自己責任だろうし、捕り過ぎない範囲で捕るのはアサリと同じだと思う。

 

でもね牡蠣殻をそこら中に捨てるのはマジ止めてほしいのよ。ホント釣りにならん。ボート釣りでも牡蠣殻に根がかりするんだ。

 

別の日に撮った、江戸川放水路の牡蠣を食べた動画です。真似はしないでくださいね。私もこれでもう終わりにします。

 

ちなみにアナジャコは後日成功したのでこちらの記事をご覧ください。

 

記事をご覧くださりありがとうございました!

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-潮干狩りや釣り
-, , , , ,

執筆者:


  1. […] 名無し 縄文時代の貝塚みたいなもんだね 名無し おい!どうなんてんだ!本当に日本の話なんだよな?w 名無し 現行犯の強制送還でいいぞ 名無し 中国人の異常な増殖は、自民親中派と左翼政党と左翼マスコミの日本解体計画の一環。 名無し >取り締まるための明確なルールがないため いや不法投棄で罰金刑だから警察呼べよ 名無し そもそもこんな首都圏のドブ川の牡蠣とか食えんの? ヤバいもん混じってそう 名無し 中国では40年前の神田川みたいな川で採った魚食べてるから、彼らにとって多摩川河口なんか清流。 名無し 普通に食ってる日本人がいるな ↓ 江戸川放水路のカキを喰ってみた&潮干狩り […]

comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

関連記事

江戸川放水路 早朝4:00からアナジャコチャレンジだ。潮干狩りタイムだぜ。

やばい。止まんねぇな。潮干狩り。     2週間前に最後の潮干狩りだと言っていたが、逆に回数は増すばかり。     面白いというか、なんつーか、やっぱりタダで喰 …

満潮時に潮干狩りができないことを初めて知りました

実は私は潮干狩りが大好きです。     通常潮干狩りとはゴールデンウィークのころがベストシーズンだそうですが、その頃にはすっかり採り尽くされていると勘ぐり、今年は3月上旬から行き、 …

江戸川放水路でホンビノスカーニバルやってたよ。

さぁ週末だ。潮干狩りだ。今日の干潮は12:09なんと-1cm。       貝毒やらアニサキスやら言われるようになってきましたので、名残り惜しいが今年最後の潮干狩りに行こ …

マテ貝はなぜ塩を振ったら出てくるのか 江戸川放水路

やれやれもう8月だぜ。この時期に潮干狩りをやる人なんているのかね。   今日は8月5日(土)9:22に干潮で31cmという微妙な潮だ。   もう潮干狩りは全般的に飽きてきたので、そ …

江戸川放水路 アナジャコ釣りのコツ 実践編

やれやれ。やっと週末だ。待ち遠しかったぜ。     潮干狩りやらブログやら動画やらをやっているとすごく充実した週末を送れるが、逆に平日は充実感が何もなくスカスカだ。   …

Adsense広告


文字で検索

人気記事

なぜだか人気記事

読んでほしい順に