食べ物のこと

薔薇餃子 裏から見ると アンモナイト

投稿日:

今回の記事は簡単に。

 

雑誌に載っていた薔薇餃子(花餃子)を作ろうと思います。

 

モランボンの特集だったようで、モランボンの皮とモランボンのたれを使うように書いてありました。

が、モランボンの「モ」文字も使っていません。

モランボンさんごめんなさい。

 

タネはいつものようにキャベツ・ニラ・にんにく・挽肉などを加えます。我が家は白菜は使いません。

 

餃子の皮を3枚ほど少しだけ重ねるように並べます。4枚でもOKです。

 

皮と皮が重なるところに水を塗って生地を一体化します。これをやらないとバラけます。

 

ご覧のとおりにタネを載せていきます。

 

タネを載せたら半月状に重ねます。

 

後はサイドからくるくる巻き取っていきます。

 

さらにくるくる。

 

当然これくらいの大きさになります。最後はバラけないように水を塗ってまとめます。

 

こんな感じですね。花のように見えるから花餃子です。

 

これをいっぱい作っていきます。1人5個くらいあれば並の人は満足できるでしょう。

 

いつも通りに焼きましたが、フライパンに皿を乗っけるやり方は花が台無しになるので出来ません。

 

私のやり方がダメなのか、生地の上のほうがかなり生です。焼き方が難しいのかそんなものなのか分かりません。

 

想像すればわかると思いますが、背面はアンモナイトみたいになってます。よって我が家ではアンモナイト餃子と命名しました。

 

簡単ですみません。

今回の記事はこんな感じです。

 

物珍しさでやるのは有りですが、あまり実用的ではないと思いました。

前述したとおり上の皮は固くて食べにくいですし、上手にできた餃子は小籠包のように中からジュワっと肉汁が溢れ出るものですが、これは何も溢れ出ません。

上から見たら薔薇のように見えるだけのようです。

私は男だから女性のロマンがわからないだけかもしれませんが、もしやられる方がいらっしゃったら参考になさってください。

 

記事は以上です。ご覧くださりありがとうございました。

よろしければ他の記事もお願いいたします。

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-食べ物のこと
-,

執筆者:


comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

関連記事

我今こそ成長のとき 凌げ値段の暴力 高級中華 銀座アスター

銀座アスター、それは庶民の私にとって尊敬の念ともに畏怖を覚える言葉。   銀座アスターとは中華料理店のこと。 名前からして銀座にもありそうだが、私がちょくちょく行くのは市川市にあるニッケコル …

行徳 激安七輪焼肉安安 リピで来ました やっぱりイイね

さて、また焼肉に行きますか。   前回行った行徳駅前の焼肉安安(あんあん)気に入りました。気に入った理由は前回の記事をご覧ください。今日リピで行こうと思います。   行徳 なんでみ …

日本橋鳥久 ピリ辛で美味しい 東京で食べる勝浦タンタンメン

今回ご紹介するのは東京日本橋にある勝浦タンタンメンのお店になります。   こちらは前回の記事でお話した肛門が爆発した同僚が週に3日通っているお店です。 もちろん辛いのが売りです。 彼の症状は …

行徳 嫁の誕生日なので割烹わじまで昼ランチ

さて今日の昼は何にしようかな。   そういえば一昨日は嫁の誕生日だったんだ。   何かお祝いをせねば。←遅いです   ということで、行徳の割烹わじままで来てみました。狸の …

東京人形町 京粕漬の魚久に行ってきた

先日忘年会の席で上司から魚久の粕漬けが美味しいと聞いたのだ。   私は関西出身だから知らなかったが、東京の人には有名な粕漬けの店らしい。   しかもその中に超絶に塩辛いシャケがあっ …

Adsense広告




文字で検索

人気記事

なぜだか人気記事

読んでほしい順に