食べ物のこと

大阪来たら絶対行っとけ 大阪名物 たこ焼きわなか

投稿日:2020年1月5日 更新日:

大阪に帰省したので「わなかのたこ焼き」を食べてきました。

 

大阪人の私からすると、ここのたこ焼きが大阪で一番美味しいです。

さっそくご紹介していきましょう。

 

場所はお笑いで有名な「なんばグランド花月」の隣です。たこ焼きのついでにお笑いを見るのも良いですね。もちろんメインはたこ焼きです。

 

場所は新幹線の新大阪から御堂筋線という地下鉄で「なんば」で降りて徒歩10分程度です。

基本的に混んでますが回転率がめちゃくちゃ早いので迷わず並んで大丈夫です。

 

店の外観はこんな感じです。隣の金龍ラーメンも超おすすめです。特に酒を飲んだ後は最高です。

 

大阪にはたこ焼き屋がたくさんあってどれもみな美味しいですが、この看板を目指せば間違いありません。

 

今日は年末で超混雑でしたが、それでも待ち時間は10分程度です。その間に店頭に張り出されたメニューを見ます。

 

メニューはたこ焼きに死ぬほど合うドリンク類。その他、たこ焼きの粉やソースなども売っています。

 

メインのたこ焼きです。8個500円と大阪では少し割高ですが味は保証します。昔は無かったポン酢やネギやチーズなどもあります。時代の流れですね。

 

「おおいり」とは、人気3種と期間限定の味つけをしたものです。色々楽しめるということですね。明石焼風に出汁につけて食べるものもあります。

 

店員さんがたこ焼きをガンガン焼いています。最近は外国人の観光客も多いので大変そうです。

 

タコの大きさは普通です。大阪のたこ焼きは生地を味わうたこ焼きなのでタコは風味づけだけで十分なのです。

 

奥にもたこ焼きの焼き台があります。どおりで回転が早いはずです。こうでないと人気店とは言えませんよね。

 

食べるところは店の2階です。店の横から行けますがほぼ満席なので路上で食べるのが常です。写真はたまたま空いてるときに撮っただけで、この通路は基本カオスになっています。

 

私は8個入りを頼みました。明石焼風や塩や醤油も捨てがたいですが、やっぱり王道はソースです。美味しそうです。

 

いろんな味が楽しみたい嫁は「おおいり」です。嫁に聞いた話、ソース・ネギ塩・出汁・ピリ辛だったそうです。

 

近くには座って1人で箱の12個入りを食べてる子供達がいます笑。やっぱりここまで来たらたくさん食べないとね。

 

これは塩味です。大阪のたこ焼きは生地の美味しさが身上なので、塩で食べるのはごく自然な話なのです。熱いので口の中を火傷しないよう注意しましょう。

 

この「わなか」はこの千日前が本店でいつでも焼きたてを食べられる一番のおすすめですが、ここまで行けない人は新大阪駅にも支店があるので、大阪に来られたときはぜひ行ってみてください。

 

記事は以上になります。ご覧くださりありがとうございました。

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-食べ物のこと
-, , , ,

執筆者:


comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

関連記事

代々木公園 タイフェスティバル2019 生ドリアン美味しいよ

皆さんドリアンという果物をご存知でしょうか。   あの臭いと言われる果物です。   そう、これのことです。タイ産がもっとも有名で、フルーツの王様と言われています。   し …

大阪の雄 激安激アツ スーパー玉出に行ってみた

ご存知ないかもしれないが、私は生まれも育ちも大阪の堺であり、生粋の大阪人なのだ。   東京では大阪人はあまり好かれていない(むしろ嫌われている)ので、なるべく公私ともに関西風味を出さないよう …

緊急テイクアウト企画 築地銀だこ 株主優待券で食いまくる

緊急事態宣言下という大変な状況ですが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。   今回のお昼は「築地銀だこ」でたこ焼きをテイクアウトしようと思います。   何を隠そう私は築地銀だこの会社 …

お好み焼き モダン焼き たくさん作ります

さて今日はお好み焼きを作ります。 私は大阪出身なのでお好み焼きには造詣が深いのです。   もちろん作るのはモダン焼き。 モダン焼きとは焼きそばを挟んだお好み焼きのことです。 広島には「そば入 …

成田はうなぎが名物。うなぎ新川にて

本日はウナギを食べに成田まで行ってきました。   そう、あの成田です。 実は、成田空港で有名な成田市はうなぎが名物なのです。 成田山新勝寺の参拝道には土産物屋と一緒に、うなぎ屋がたくさん並ん …

Adsense広告




文字で検索

人気記事

なぜだか人気記事

読んでほしい順に