AS400/IBMi Laravel Ajax通信 エラー419 CSRFトークンの設置 JavaScript

IT関連

基本私の記事はIBMi/AS400をベースにやっています。ご了承のほど。

 

LaravalではPOST通信時にCSRFトークンを送らないといけないのはすでに知っている。

 

なのでFormを設置時に下記のように{{ csrf_field }}を入れないといけない。

これを入れる理由はセキュリティのため。クロスサイトリクエストフォージェリ対策。詳しくはググってほしい。

 

この{{ csrf_field }}は、実際には下記のようなものが吐き出される。これがないとPOST時にLaravel大先生から怒られてしまう。

 

 

今回Ajax通信をしようとしてみた。

 

詳細は割愛するとして、こんな感じでPOSTで通信するわけだが、CSRF対策を何もせずにやると当然のごとくエラーになる。

 

そのときブラウザのコンソールに出るエラーコードは419。

これはいわずとしれたCSRF対策、前述のものが出来ていないと怒られている。

 

 

しからばどう書けばいいのか。

 

書き方は、request.setRequestHeaderにそれを書いてあげる。

こう書く。{{ csrf_field }}にすれば<input>から</input>まで要素から全てが生成されるが、{{ csrf_token() }}にすればさっきの

 

の部分だけが吐き出されるわけですね。

 

なので、結果的に、

といった形で収まり、うまくいく。

 

jQueryの書き方はこんな感じ

 

 

別解

JavaScriptは別ファイルにすると思いますが、そうなってくるとJavaScriptコードの中で{{ csrf_token() }}が使えないので、

 

Bladeのヘッダー部に

とメタデータで入力しておき、

 

こうやって取得するしかないのかも。

 

下記はその場合のjQueryの書き方。

 

 

Ajax通信の決まり事も割愛させていただきますが、Laravel/IBMi/Ajaxの通信の仕方は追々記事にする予定です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました