名代富士そば 異色のコラボレーション ヘルボーイ vs 赤ざるボーイ

身の回りのこと

今日はIT勉強会のため代々木に来ました。

 

勉強会が正午スタートだったので、早めに行ってメシを食べるところを探したのですが、なんか微妙なところばかりでした。

代々木って新宿の隣なのに栄えてないですね。

そのくせ街がものすごい臭かった

大通りから一本入った路地はマジで臭いです。茅場町の非ではない・・

 

 

そういう経緯なので食べるお店は、

  • 臭いで気分が悪いのでアッサリしたもの
  • 食べたあと勉強会なので胃にもたれないもの
  • 周囲が臭い場所は店の中も衛生的にヤバそうなので衛生的にしっかりしてそうなチェーン店
  • なるべく客が多そうな駅前付近
  • できればブログに載せられるお店

で選ぶことにしました。

 

ふと見ると富士そばがありました。私は「小諸そば」や「ゆで太郎」はたまに食べるのだが、富士そばは食べたことが無いのです。しかしここまでベタなチェーン店だと話題にならないな。

 

 

と思ったらこんなポスターが。赤ざるボーイというざる蕎麦のポスターらしい。ヘルボーイはアメリカ映画のはずだが、富士そばはどんなコネクションを使ったのだろうか。妙にこのコラボがツボった

 

  • カウボーイ
  • プレイボーイ
  • ゲームボーイ
  • 寿司ボーイ
  • ヘルボーイ

色んなボーイがあるが、今の時代は「ざるボーイ」ですね。

気に入った!ここにしよう!

 

といっても一般的なおそば屋さんです。券売機があり〜の、カウンターがあり〜のです。食券を買って、店員さんに渡します。

 

セルフサービスなので呼ばれたら取りに行きます。これが赤ざるボーイです。一見すると辛そうです。

 

ふつう蕎麦にまで唐辛子を振るかね・・。まさに地獄(ヘル)ボーイ

 

付けつゆ。これもベットリとした血のように赤い。ヘルボーイの赤は火のはずだが、その熱量は赤さとは裏腹にキンキンに冷えております。

 

ズルズル・・。普通に美味しい。よくある味を感じられないほど辛い系かなと思ったが、そこまで冒険はしなかったようだ。

 

つゆはカツオだしかな。梅のような酸味があり日本蕎麦に合います。辛いのが苦手でない人なら飲める味です。

 

難なく完食。蕎麦は1.5玉がデフォルトなので食べ応えも十分。まずまずの昼飯になりました。

 

期間限定っぽいので、試しに行かれてみてはいかがでしょうか。

 

私は辛いのが得意なので、苦手な方には辛いかも。

にしても大丈夫な辛さだと思います。

 

記事は以上になります。ご覧くださりありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました