IT関連

Git SourceTreeでファイル名の大文字・小文字を検知

投稿日:2019年7月2日 更新日:

SourceTreeでGitを使っていて、ソースはもちろんのことファイル名を変更したときでも、変更を検知してくれるのだが、ファイル名の小文字を一部大文字にしただけでは検知されなかったので備忘録。

 

ネットでしらべたらgitのconfigでcore.ignorecaseがデフォルトではtrueになっているので、falseに変更したらいいとのこと。

 

しかしどれを直すか解らない。

 

私の場合、開発環境は自席PCで、Gitサーバと、本番へフックする環境(←自分でもよく解ってない)の3つがあるので、どれを直していいのか解らなかった。

 

普通に考えて自分が触っているソースにある.gitの中を触ればいいのだと思ったのだが、PCにgitが入っていないせいかgitコマンドが動かない。なんだろな。

 

次にサーバ側を疑ってリモートして向こうの設定を直してしまったのだが結局は直らなかった。まぁ大事には至らなかったのでいいのだが。

 

それから数ヶ月後。ようやく解明した。

 

SourceTreeの右上にある設定の歯車ボタンをクリックして、下にある設定ファイルを編集から適当なテキストエディタを選べばあら不思議、configが出てきたではありませんか。

 

確かにここのignorecaseがtrueになっていたので、falseに直して更新。

 

SourceTreeをF5で更新すると、ファイル名の大文字小文字を変更したものまで、検知してくれるようになった。

 

変更の更新を検知するのだから当然自席の環境のgitファイルの話ですよね。考えるまでもありませんでしたが、何をとち狂ったかリモート側を見るとか変なことをしていました。

 

gitをPCにインストールしていたらgitコマンドで直していたのだと思いますが、SouceTreeに入っているgitを使っていたせいか、コマンドが使えなかったので、そういう変なことをしていました。

 

ちなみに、ignorecaseをfalseにしたら、「…」の変更と、「?」の新規の2つが差分として表示されてしまった。あれ?これはどっちをコミットすればいいのだ?と思ったが、2つともコミットしたところ問題なく行けた。大丈夫みたい。

 

何を言っているのかわからねーと思うが、おれも何をされたのかわからなかった。まさに、そんな感じでした。

 

これでOKめでたしめでたし。

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-IT関連
-, , ,

執筆者:


comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

関連記事

MySQL 自分の備忘録

予備知識 ポートのデフォルトは3306 大文字小文字は区別されない。混じっていても実行できる。区別する場合はbinaryをつける(下記参照) データベースごとに作業ユーザを設定するのが一般的 orde …

Windows 自PCのXAMPPテスト環境に別PCからアクセスする

会社で自分のPCにXAMPPを入れて、テスト用Webサーバにしています。   バーチャルホストにしているので、通常の80とは別に5つほどポートを割り当てている。   ある日上司から …

AS400/IBMi Laravel Ajax通信 エラー419 CSRFトークンの設置 JavaScript

基本私の記事はIBMi/AS400をベースにやっています。ご了承のほど。   LaravalではPOST通信時にCSRFトークンを送らないといけないのはすでに知っている。   なの …

ExcelVBA ProgressBarを自作

これは自分の備忘録であり、私が思い出すための記事なのでご了承のほど。   5分くらい時間がかかるマクロがあり、固まっていないか心配になると上司から指摘があり、進捗バーを作ろうとする。 &nb …

Windows WAN上LAN外の共有フォルダにアクセス

WAN内、ようするに拠点外のPCにアクセスしようと思ったことはないだろうか。 私はあります。   私は情報システム部の人間なので、他の拠点のPCを設定すべくリモートデスクトップをすることがあ …

Adsense広告




文字で検索

人気記事

なぜだか人気記事

読んでほしい順に