AS400 IT備忘録

AS400/IBMi ACSの印刷設定

投稿日:2019年2月1日 更新日:

ACSの導入テスト時でレーザープリンターの設定でハマったので備忘録。

テストはMacで行いましたが、Windowsも同じだと思います。

 

現状

  • 使用プリンターはキャノンLBP8610という白黒レーザープリンター。
  • A4の横しか使っていない。
  • 罫線と2次元バーコードの印刷も使っている

 

とりあえずやったこと

いつものように設定

  1. ACSの管理画面から「5250セッション管理機能」をクリックし、セッションを作る画面を呼び出す
  2. 「新規プリンター・セッション」をクリック。
  3. 宛先アドレスにIBM iのIPアドレスを入力する。
  4. ワークステーションIDを入力する(既定があれば既定、新規ならば新規のID)
  5. ホストコードページを現行の930 日本語(カタカナ)を選ぶ。
  6. 左側「プリンター設定」のタブをクリックし、印刷先を「ファイル」から「プリンター」に変更する
  7. 下にある「プリンター名」をクリックし、Canon LBP8610を選択する。(ドライバーのインストールは事前に行う必要がある)
  8. OKをクリックし設定完了。セッションが立ち上がる。

印刷してみた

これで印刷をかけてみると。見事にバグった。訳の分からない文字列の紙が出るわ出るわ。わんさか出てきた。

 

調べてみると

ACSは印刷機能が微妙だと、ネット上に記事があった。

IBM i Access Client Solutions(ACS)の印刷機能に対する対応状況

マジかよ・・と思ったが、Java印刷というのを使えば、全く同じとはいかないものの、業務に支障がないという話なのでやってみることにした。

 

設定呼び出し

  1. プリンタセッションの「通信」から「構成」をクリック。
  2. 左にある「ページ設定」をクリックし、「Java印刷サービスを使用」を「はい」にする。

 

一応うまくいったが・・

するといい感じに紙がでました。罫線もバッチリ。ちょっと余白が少ないけど、でも設定で変えられるみたい。

でもバーコードが印字されていない。ただの文字列に化していた。

 

 

ここから本題

そういえば、クライアントアクセスのときは、PDTというプリンター定義ファイルを使っていたはず。

なので、現在クライアントアクセスで使っている、PDTファイルを移植して、それを指定してやることにする。

 

再度設定

  1. Windows+クライアントアクセスで使っているPDTを引っ張りだして、Macに移植する。
  2. プリンタセッションの「通信」から「構成」をクリック。
  3. 左にある「プリンター設定」をクリックする
  4. 「プリンター定義テーブルの使用」を「はい」にする。
  5. さっきのPDTを選ぼうにもリストにない。

あれあれ、しょうがないから移植したPDTは忘れて、一番上にある「ASCIIテキスト・モード」を選んでみる。

 

再度印刷

またまた訳の分からない文字列の紙がめっちゃ出る!わwwwwとまらんwwwww

 

再度設定(これで最後)

こんどはプリンター定義テーブルをいかにもそれっぽい「IBM 5577-B02、F02、G02、H02」を選択し、再度印刷してみると、

うまくいきました。正直うまくいくとは思わなかった。

 

 

結論

Java印刷をオンにすれば、プリンター定義テーブルの使用はできない。

プリンター定義テーブルの使用をオンにすれば、Java印刷は使えない。

そういう関係にあるみたい。

 

  • プリンター定義テーブルもJava印刷もオフだと、文字化け用紙が量産される。
  • Java印刷では、印刷されるがバーコードは出ないし、印刷位置もちとズレる(我慢できないほどではないし、設定次第?)
  • プリンター定義テーブルを「ASCIIテキスト・モード」で出すと、文字化け用紙が止まらない。
  • プリンター定義テーブルを「IBM5577」で出すと、印刷位置もバーコードも完璧に印刷できた。

しかもクライアントアクセス時で使っていたPDT印刷とまったく同じ印刷位置に出てきた。

プリンター定義ファイルが要らないなんて、これは便利だ。

 

終わりに

まだウチはACS準備段階だけど、某J〇CCという会社が言うには、

ACSは印刷関連に不具合があると同じことを言っており、とりあえずクライアントアクセスでもいいのでは?と言っていた。

 

とりあえず印刷位置と罫線とバーコードが出れば問題無いので、ウチは使えそうかな。

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-AS400, IT備忘録
-, , , ,

執筆者:


comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

関連記事

AS400/IBMi View(ビュー)を作成したり削除したり一覧表示する

素人の備忘録なので、あまりよく解っていませんが、ビューの作り方です。 なんでViewを作る必要があるのかすら不明です。知ってる人は逆にコメント欲しいです。   思っていることは、論理ファイル …

AS400/IBMi CLでファイルを読む

RPGじゃなくてCLでファイルを読む方法。 ファイルを読んでその値を使ってCLコマンドを動かして、ループしてまたファイルを読んでを繰り返す。 SNDBRKMSGを使って、全端末にアラートを送るなど使え …

【ExcelVBA】シフト文字を含めてバイト数をカウントする

AS400にエクセルに入力したデータをアップロードする仕組みがあるのだが、もちろん10バイトしか入らないカラムだとすると、エクセル上も10バイトしか入れてはいけない。     しか …

AS400/IBMi dtfでソースコードをダウンロード

クライアントアクセスでもACSでもある、Download Transfer From AS400、略してDTF。   ソースコードをダウンロードすることもできる。普通はファイルのところはライ …

Windows環境変数を一覧表示するコマンド SET

VBAでプログラムを組むとき、プログラムを実行するユーザの環境に合わせて組むときがある。 例えばユーザ名を取得して処理を分岐するとか、ユーザのデスクトップに名前を付けて保存するとか。 それはPCのもつ …

Adsense広告


文字で検索

人気記事

なぜだか人気記事