MarkDown記法 備忘録

IT関連

ドットインストール様に教わったMarkDown記法。

256timesでなかば強制的に教えられたが、実際に覚えてみるといろんなところで使える。

Qiitaはもちろん使えるし、BackLogでも使える。

これを覚えたことで見出しや段落など文書を組み立てる重要さが解った気がする。

 

マークダウンの拡張子

拡張子は「.md」

GitHubでよくあるreadmeの拡張子もREADME.mdになっているのも納得。

 

文書の作り方

テキストエディタで文書を作成して.mdで保存すればOK。

マークダウン表示を確認しながら文書を作成したいときは、仮でQiitaを使うか、Atomのマークダウンプレビューを使う。

 

Atomでプレビューする

AtomにはMarkDownのプレビュー機能がある。

ショートカットキーは、Windows,Mac共に「Ctrl」+「Shift」+「M」

Macは「Cmd」ではない。

 

見出し(H1~H6)

h1 title

h2 title

h6 title

 

見出し別の書き方(H1とH2のみ)

 

リスト形式で表示する

  • item1
  • item2
  • item3

 

リスト形式で表示する別の方法(記号はなんでもよい)

  • item4
  • item5
  • item6

 

リスト形式の下に字下げして文字を表示する

一行改行して

半角スペースを4つあける。

 

コードを表示する(等幅フォント、背景色、字下げ)

 

コードを表示する(別のやり方)

 

コードをインラインで表示する

この場合、return x;はどこに書けばいいのでしょうか?

 

文中の改行

 

引用文(blockquote)

quotequote

イタリック

ありがとう
ありがとう

 

ボールド

ありがとう
ありがとう

 

リンクを作成

ドットインストール
HTML, CSS, JavaScript, PHP, Rubyをはじめ、iPhoneやAndroidアプリの作り方も学べます。豊富な3分動画を見ることで、はじめての人でも無理なくスキルを身につけていくことができるプログラミング学習サービスです。

 

文字にリンクを張る

dotinstall

 

文字にリンクとタイトルを張る(hoverで浮かび上がる)

dotinstall

 

画像を表示する

  • 画像の場合は最初はビックリマーク
  • []はalt
  • ()はファイルのパス
  • リンクと同様にタイトルを付与できる

no image

コメント

タイトルとURLをコピーしました