Linux サーバコマンド 備忘録

IT関連

Linuxのサーバコマンドの備忘録です。CentOS系のコマンドも書くかもしれません。

 

  1. 操作等
    1. サーバへログイン
      1. Windows
      2. Mac
  2. 共通箇所
    1. オプションについて
      1. オプションは順不同で書ける
      2. オプションは分けて書いても良い
      3. オプションは引数の後でも書ける
    2. コマンドを取り消したい
    3. HELP機能
      1. コマンドのオプションを調べたい –help
      2. コマンドのマニュアルを見たい man
    4. ワイルドカード
      1. *は任意の複数文字
      2. ?は任意の一文字
      3. []は任意の一文字か範囲
      4. {} は任意の文字列
    5. コマンドの簡単な入力
      1. 直前の引数の値は!$に入る
      2. コマンドの検索
  3. コマンド一覧
    1. 基本頻出
      1. 現在のディレクトリを調べる pwd
      2. ディレクトリの中身を見る ls
      3. 別のディレクトリに移動する cd
    2. ディレクトリ操作
      1. ディレクトリを作る
      2. ディレクトリの削除
    3. ファイル操作
      1. ファイルを作る touch
      2. ファイルの中身を見る cat more less
      3. ファイルを編集する vi
      4. ファイルの先頭から数行表示する head
      5. ファイルの末尾から数行表示する tail
      6. ファイルの行数や単語数を調べる wc
      7. ファイルやディレクトリをコピーする cp
      8. ファイルやディレクトリの移動と名前の変更 mv
      9. ファイルやディレクトリの削除 rm
      10. シンボリックリンクの作成
    4. リダイレクト
      1. ファイルの中に書き込む >
      2. ファイルの中に追記する >>
      3. コマンドの実行結果を別のコマンドに渡す |(パイプ)
      4. コマンドが成功したら次のコマンドを実行する &&
      5. ブレース展開
    5. 検索系
      1. 文字がある行だけを表示する grep
      2. パイプとgrepで検索する
      3. パイプを組み合わせる
      4. ファイルを検索する find
    6. ユーザーとグループ
      1. ユーザーの一覧を表示する
      2. グループの一覧を表示する
      3. 特定のユーザーがどのグループに所属しているか
    7. アクセス権
      1. アクセス権の変更 chmod
      2. 一時的にルート権限を使う sudo
    8. シェルプログラム
      1. viでファイルを作成する
      2. シェルプログラムを書く
      3. 実行権限を付与する chmod
      4. 環境変数を設定する export
      5. 実行する
    9. シェルプログラムを書く2
    10. コマンド履歴
      1. 実行コマンドの履歴を表示する
      2. historyのコマンドを番号で実行
      3. 直前のコマンドを実行
      4. historyを消す
      5. historyを全部消すとき
    11. その他
      1. マシンに設定された日付を表示する date
      2. 今月のカレンダーを表示する cal
    12. 環境変数
      1. 環境変数を見る
      2. 環境変数を設定する export
    13. Laravelのバージョンを調べる
    14. 動いているCronを調べる
    15. Webサーバ再起動
    16. データベースインポート
    17. ファイヤーウォールの空いているポートを調べる
    18. ファイヤーウォールが起動しているか
    19. ホスト名を調べる
    20. CPU情報を調べる
    21. パーティション情報を確認する
    22. ディスク容量を確認する
    23. IPアドレスなどeth0のネットワーク設定を調べる
    24. ディストリビューションを調べる
    25. SELinuxの有効か無効か調べる
    26. ユーザー情報を確認する
    27. PHPのバージョンを調べる
    28. インストールされてるPHPを調べる
    29. インストールされてるApacheを調べる

操作等

ログインや操作方法などの予備知識です。

サーバへログイン

WindowsならTeratarm、Macなら標準のターミナルからアクセスが基本。

Windows

割愛します。GUIなので直感的にできます。

Mac

下記コマンドを打てばパスワードを聞かれるのでそれをクリアすればログイン完了。鍵の場所は絶対パスで書いてもいいが、鍵のある場所にcdで移動してからの方が楽かも。サーバのアドレスはドメイン名でもOK。

 

共通箇所

コマンドに関する共通知識です。

オプションについて

オプションは順不同で書ける

オプションは分けて書いても良い

オプションは引数の後でも書ける

 

コマンドを取り消したい

  • コマンドを取り消したい Ctrl + C
  • 途中まで打ったコマンドを消したい Ctrl + U
  • 画面全体をクリアしたい Ctrl + L (もしくはclear)

HELP機能

コマンドのオプションを調べたい –help

コマンドのマニュアルを見たい man

次ページはSpaceキー、終了はQキー

 

 

ワイルドカード

*は任意の複数文字

?は任意の一文字

[]は任意の一文字か範囲

{} は任意の文字列

 

コマンドの簡単な入力

直前の引数の値は!$に入る

これを利用することでlsで調べたディレクトリに一気に移動できる。

コマンドの検索

「Ctlキー」+「R」で検索モードに入る。抜ける時は「Ctlキー」+「C」

 

コマンド一覧

基本頻出

現在のディレクトリを調べる pwd

プリントワーキングディレクトリ

ディレクトリの中身を見る ls

別のディレクトリに移動する cd

現在のディレクトリからのパスを指定する。

 

ディレクトリ操作

ディレクトリを作る

ディレクトリの削除

 

ファイル操作

ファイルを作る touch

ファイルの中身を見る cat more less

ファイルを編集する vi

viの説明はこちら

Vimエディタ 備忘録
基本コマンド エディタの起動 # 文法 $ vi ファイル名 # 文例 $ vi /etc/hosts 保存せず終了 ファイルの変更があり保存していない場合はストップがかかる :q 保存せずすぐ終了 ファイルの変更が...

 

ファイルの先頭から数行表示する head

ファイルの末尾から数行表示する tail

ファイルの行数や単語数を調べる wc

表示される結果は、左から行数・単語数・バイト数・ファイル名。

ファイルやディレクトリをコピーする cp

cpコマンドはオプションを指定しないとファイルだけが対象となる。

ファイルやディレクトリの移動と名前の変更 mv

ファイルやディレクトリの削除 rm

rmは基本的にはファイルの削除。オプションを付けるとディレクトリも削除できる

シンボリックリンクの作成

現在のディレクトリ(リンク元)にリンク先へのショートカットができる。

 

リダイレクト

ファイルの中に書き込む >

ファイルの中に追記する >>

コマンドの実行結果を別のコマンドに渡す |(パイプ)

コマンドが成功したら次のコマンドを実行する &&

 

 

ブレース展開

ブレースとは波括弧のこと。シェルにはその中に入れた数字や文字を決められた法則にしたがって展開する機能がある。

 

検索系

文字がある行だけを表示する grep

パイプとgrepで検索する

lsをした結果の中にsudoが含まれるものだけを表示する

パイプを組み合わせる

lsの結果をgrepで検索してwcで行数を表示する

ファイルを検索する find

 

 

ユーザーとグループ

ユーザーの一覧を表示する

ユーザーのデータは/etc/passwdに入っている。

表示される項目は順番に

  • ユーザー名
  • パスワード(非表示のx)
  • ユーザーID
  • グループID
  • コメント
  • ホームディレクトリの位置
  • シェルコマンド

グループの一覧を表示する

グループのデータは/etc/groupに入っている

表示される項目は順番に、

  • グループの名前
  • グループのパスワード
  • グループID
  • グループに所属しているユーザー

特定のユーザーがどのグループに所属しているか

 

アクセス権

ls -lで詳細表示してところ。ファイルのアクセス権。

最初の1文字はファイル(-)、ディレクトリ(d)、シンボリックリンク(l)

次の3つは、ユーザに与えられている権限、Read,Write,eXecuteの意味。

次の3つの塊がグループに与えられている権限、一番右がその他のユーザー。

その次がそのファイルやディレクトリを所有するユーザーやグループ。

 

アクセス権の変更 chmod

色んな書き方があるが数字で指定した方が楽。1つの足し引きなら「+」や「-」でも使えるかも。

 

略号

  • u = User
  • g = Group
  • o = other
  • a = 全て
  • 4 = read(読む)
  • 2 = write(書き)
  • 1 = execute(実行)

一時的にルート権限を使う sudo

/etc/shadowは通常root権限がないと見れない。

 

シェルプログラム

helloというファイル名のプログラムを作る

viでファイルを作成する

シェルプログラムを書く

最初の2文字#!はシェバンと言い、これがあれば次のプログラムで実行しなさいという意味。

実行権限を付与する chmod

環境変数を設定する export

プログラムを置いたディレクトリにパスを通す

実行する

 

シェルプログラムを書く2

<を使ってファイルの中身を流し込むみつつ、リダイレクトでresult.txtへ書き込む。

 

コマンド履歴

実行コマンドの履歴を表示する

historyのコマンドを番号で実行

直前のコマンドを実行

historyを消す

historyを全部消すとき

 

 

 

その他

マシンに設定された日付を表示する date

今月のカレンダーを表示する cal

 

環境変数

環境変数を見る

環境変数を設定する export

exportは環境変数を設定する命令。/home/userのパスを現在の$PATHにつなげて代入する。尚これは一時的なものなので永続的にするには別の方法が必要。

 

 

 

 

 

Laravelのバージョンを調べる

Laravelが入っているディレクトリで行うこと

 

動いているCronを調べる

 

Webサーバ再起動

 

データベースインポート

 

ファイヤーウォールの空いているポートを調べる

 

ファイヤーウォールが起動しているか

 

ホスト名を調べる

 

CPU情報を調べる

model name : CPUの種類
cpu MHz : CPUの動作クロック
cpu cores : CPUのコア数
siblings : HT込みの見せかけ後のコア数

 

パーティション情報を確認する

 

ディスク容量を確認する

-mがMB単位で、-hが人間に解りやすく表示

 

IPアドレスなどeth0のネットワーク設定を調べる

 

ディストリビューションを調べる

 

SELinuxの有効か無効か調べる

Disabledなら無効

 

ユーザー情報を確認する

 

 

PHPのバージョンを調べる

 

インストールされてるPHPを調べる

 

インストールされてるApacheを調べる

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました