IT関連

Vimエディタ 備忘録

基本コマンド

エディタの起動

$ vi ファイル名
$ vi /etc/hosts

 

保存せず終了

:q

 

ファイルを保存する

:w

 

ファイルを保存して終了

:wq

 

 

 

挿入モードに切り替えるコマンド

カーソルは基本的に文字を覆う形にある。挿入モードというだけあって、その場所に文字を挿入したら文字は右にずれる

i

現在のカーソル位置にカーソルを立てる。

 

a

現在のカーソル位置の右にカーソルを立てる。

 

I

行頭の最初の文字にカーソルを立てる。文字は右にずれるので行頭から入力する格好になる。

 

A

行末最後の文字の右にカーソルを立てる。

 

o

現在の行の下に空行を作成し先頭にカーソルを立てる。もともとあった下の行は下方向にずれる。

 

O

現在の行に空行を作成し先頭にカーソルを立てる。もともとあった現在の行は下方向にずれる。

 

コマンドモードに移動する

Esc

 

 

カーソルを移動する

0(ゼロ)

行頭にカーソルを移動する

 

$

行末にカーソルを移動する

 

gg もしくは H

ファイルの先頭行の先頭にカーソルを移動する

 

G もしくは L

ファイルの末行の先頭にカーソルを移動する

 

nG

n行目に移動する。nの位置は数字で示す。

 

「Ctrl」+「F」

次ページへスクロール

 

「Ctrl」+「B」

前ページへスクロール

 

文字・行を削除する

x

カーソル位置の文字を削除する

 

X

カーソルの左の文字を削除

 

dd

カーソル行をまるごと削除

 

コピペ Copy & Paste

yy

行をコピー

p

カーソル行の下に貼り付け

P

カーソル行の上に貼り付け

nyy

カーソル行から下n行をコピー。nは数字が入ります。

np

コピーされた内容をn回張り付ける。5pとすればコピーされた内容が5回張り付く。

 

その他の操作

u

直前の操作を取り消す。「Ctrl + z」と同じ

.

直前の操作を再実行する。「Ctrl + y」と同じ

 

コマンド

:set nu

行番号を表示する

:set nonu

行番号を表示しない

/

上から文字を検索する

?

下から上に文字を検索する

n

次の文字を検索する(?で検索した場合は逆になる)

N

前の文字を検索する(?で検索した場合は逆になる)

 

 

-IT関連
-, , ,

© 2021 なんで勉強するの