食べ物のこと

緊急テイクアウト企画 吉野家 肉だく ねぎだく

投稿日:

緊急事態宣言のさなか、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

新型コロナウイルス、略して新コロ(もしくはコロ助)ですが大変だと思います。

 

今まで応援する意味で外食を積極的に利用してきましたが、少し様子が変わってきたように感じます。←今さら

以前にも増して店内で食べる人が激減したように感じます。

 

先日行ったイオンのフードコートもガラガラでした。

ココスやサイゼリアやスシローまでガラガラ。

銀だこ、マクドナルド、ケンタッキーだけが行列でした。

やはり世間は安全にテイクアウトにする流れなんでしょうね。

 

ゆえに今回からテイクアウト企画にします。

逆にテイクアウトだからこそ伝えられることがあると思います。

大したことある情報も大したこともない情報もお伝えしていこうと思いますので、なにとぞよろしくお願いいたします。

 

今回のテーマは、早速大したことのない牛丼チェーン吉野家です。

妙典には松屋しかないので行徳新浜まで行ってきました。

 

店頭にデカデカと貼っていました。「肉だく」と「ねぎだく」だそうです。面白そうなのでこれを買ってみます。

 

これが牛丼(並)+肉だくです。一見すると普通の並に見えますが、これは普通の並です。

 

なんと別肉なのです。別容器にする意味あるのかな。店員さんに「味噌汁頼んでないけど?」と聞いてしまいました笑

 

要するにいつもの小・並・大・特というサイズに、オプションで肉やねぎを追加する格好なのですね。

 

こう見るとそこそこ量はあります。これで+139円なら許せるかも。肉だくも悪くないですね。

 

お出汁も全て投入します。これは美味しそうです。

 

ねぎもこんな感じです。そこそこ量がある感じですが、これで+102円はどうなのかな。

 

こんな感じです。ねぎ好きにはたまりませんね。血液もサラサラです。

 

ところで牛丼の「つゆだく」とは別に、「ねぎだく」というのも古来からあったはずです。

古来の「ねぎだく」とは「牛肉を減らしてねぎを増やす」オーダーのこと。

 

今回「ねぎだく」が+102円の有料になってしまったのだが、これはどう解釈すればいいのだろう。

牛が減らさずにねぎを増やせるというのは今までに無かったのでこれはこれでいいのかも。

 

今回の記事は以上になります。ご覧下さりありがとうございました。

他の記事もよろしくお願いします。

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-食べ物のこと
-, ,

執筆者:


comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

関連記事

小岩 レストラン喫茶タクト 普通盛りでも死ねる

今日は在庫が切れた「入山せんべい」を買いに京成高砂まで行く予定。   しかし遠いよね。   東西線から総武や京成へ渡るには西船橋まで戻らないといけないので、面倒くさいし、なんかちょ …

Amazonで新島の焼きくさやを買ったよ

本記事はご紹介する食品の性質上、不快な表現がございますがご了承ください。 気になる方は閲覧を中止するか、食事中などデリケートでない時間にお読みください。   やれやれ、ドリアンで止めておけば …

玄米食のすすめ 普通の玄米と無農薬玄米の味の違い

今日は玄米についての記事です。 ちょっと長いですがよろしければお付き合いください。   玄米とは 玄米とはいわゆる白米の1つ手前の状態です。 田んぼに咲き誇る稲穂から説明すると、稲の果実であ …

行徳の誇り 中華料理昇龍は持ち帰りも良し

今回は行徳にある大人気中華料理店のテイクアウト記事です。   そう、いつもクソ混んでる中華料理の昇龍さんです。   場所はこちらです。レビューも驚異的な高得点です。 いつも混んでい …

妙典の誇り 中国ラーメン 華風伝

今回の記事は「誇り」シリーズの第2弾です。   誇りシリーズとは、その店が無くなればその地域の魅力が半減する、地域の誇りとする店。 と私が勝手にそう思っているお店のことです。   …

Adsense広告




文字で検索

人気記事

なぜだか人気記事

読んでほしい順に