食べ物のこと

緊急テイクアウト企画 吉野家 肉だく ねぎだく

投稿日:

緊急事態宣言のさなか、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

新型コロナウイルス、略して新コロ(もしくはコロ助)ですが大変だと思います。

 

今まで応援する意味で外食を積極的に利用してきましたが、少し様子が変わってきたように感じます。←今さら

以前にも増して店内で食べる人が激減したように感じます。

 

先日行ったイオンのフードコートもガラガラでした。

ココスやサイゼリアやスシローまでガラガラ。

銀だこ、マクドナルド、ケンタッキーだけが行列でした。

やはり世間は安全にテイクアウトにする流れなんでしょうね。

 

ゆえに今回からテイクアウト企画にします。

逆にテイクアウトだからこそ伝えられることがあると思います。

大したことある情報も大したこともない情報もお伝えしていこうと思いますので、なにとぞよろしくお願いいたします。

 

今回のテーマは、早速大したことのない牛丼チェーン吉野家です。

妙典には松屋しかないので行徳新浜まで行ってきました。

 

店頭にデカデカと貼っていました。「肉だく」と「ねぎだく」だそうです。面白そうなのでこれを買ってみます。

 

これが牛丼(並)+肉だくです。一見すると普通の並に見えますが、これは普通の並です。

 

なんと別肉なのです。別容器にする意味あるのかな。店員さんに「味噌汁頼んでないけど?」と聞いてしまいました笑

 

要するにいつもの小・並・大・特というサイズに、オプションで肉やねぎを追加する格好なのですね。

 

こう見るとそこそこ量はあります。これで+139円なら許せるかも。肉だくも悪くないですね。

 

お出汁も全て投入します。これは美味しそうです。

 

ねぎもこんな感じです。そこそこ量がある感じですが、これで+102円はどうなのかな。

 

こんな感じです。ねぎ好きにはたまりませんね。血液もサラサラです。

 

ところで牛丼の「つゆだく」とは別に、「ねぎだく」というのも古来からあったはずです。

古来の「ねぎだく」とは「牛肉を減らしてねぎを増やす」オーダーのこと。

 

今回「ねぎだく」が+102円の有料になってしまったのだが、これはどう解釈すればいいのだろう。

牛が減らさずにねぎを増やせるというのは今までに無かったのでこれはこれでいいのかも。

 

今回の記事は以上になります。ご覧下さりありがとうございました。

他の記事もよろしくお願いします。

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-食べ物のこと
-, ,

執筆者:


comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

関連記事

自粛により家で西友の厚切りステーキを焼きます

相変わらずの緊急事態宣言による自粛中のため、今回は我が家のご飯を紹介します。   西友に売っている厚切りステーキ肉です。なんと539gもあります。   たまに肉をガッツリ食べたいと …

【閉店】行徳の誇り 中華料理店 貴州菜園に行ってきた

最近ブログのネタに食べ物が多くなってきた気がします。   別に舌に自信があるわけではないのですが、我が家の外食率の高さからして、ネタにはもってこいなのです。 情報をアップしたら地域貢献になる …

行徳 水出し珈琲のお店 喫茶館 マイセン

今日は行徳にある水出し珈琲のマイセンに行ってみることにしました。   正直コーヒーって美味しいものはとんでもなく美味しいし、そうでないものは焦げ臭くて苦いだけ。   今まで飲んだ中 …

日本橋鳥久 ピリ辛で美味しい 東京で食べる勝浦タンタンメン

今回ご紹介するのは東京日本橋にある勝浦タンタンメンのお店になります。   こちらは前回の記事でお話した肛門が爆発した同僚が週に3日通っているお店です。 もちろん辛いのが売りです。 彼の症状は …

ロシア語勉強のお供に 銀座 ロシア料理 ロゴスキー

今日は銀座にロシア料理を食べに行こうと思います。   というのは最近嫁がロシア語の勉強にハマっているからです。 できれば時代の流れに合わせて、英語か中国語を喋れるようになってほしいものですが …

Adsense広告




文字で検索

人気記事

なぜだか人気記事

読んでほしい順に