IT関連

AS400/IBMi ACSで開くようになったwsファイルを戻す

投稿日:

先日ACSのバージョンを確認したところ1.1.8.5というのが出ていたのでアップすることにした。

 

面倒くさいことにボタン1つでアップデートできるものではなくアンインストールしないといけないみたい。

(私が知らないだけかも)

 

IBMのサイトから入手したのは「IBMiAccess_v1r1.zip」という圧縮ファイル一式。

それを解凍してすでに置かれているACSのプログラム群と同じ場所に置く。

 

そしてその中にある「Windows_Application」フォルダにあるuninstall_acs.jsを実行しアンインストール。

さらにinstall_acs_64.jsを実行して再インストール。

 

すると良い感じにACSが最新に置き換わった感じだが、既存のクライアントアクセスの端末を立ち上げるwsファイルがACSで起動するように置き換わってしまった。

もちろんアイコンもACSのアイコン。

 

あらま、特に困らないのだがどうしよう。

 

開くとACSで開くけれど、フォントなどの設定がデフォルトなので色々直さなければいけない。

設定を直してもいいけど、hodファイルで保存しないと設定変更が適用されないようす。

 

ついにwsを捨ててhodを使うことになるのか・・・

 

 

 

ユーザーにクライアントアクセスを使わせている以上は自分にACSに移行するわけにはいかない。

会社の方針がそうなのだから戻すことにしよう。

 

 

  1. wsファイルを右クリックして、「プログラムから開く」からの「別のプログラムを選択」をクリック。
  2. 「その他のアプリ」をクリック
  3. 「このPCで別のアプリを探す」をクリック
  4. pcsws.exeファイルを選択する

pcsws.exeファイルは、C:\Program Files(x86)\IBM\Client Access\Emulatorにあるはずです。

正常に動作したら、「常にこのアプリを使ってwsファイルを開く」のチェックを入れて上げると全てのwsファイルに適用される。

 

これでOKのはずです。

 

ちなみにアイコンが下記のようになるので気持ち悪い場合は直す方法があります。

 

それはこちらをご覧ください。

AS400/IBMi クライアントアクセスwsファイルのアイコンを元に戻したい

 

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-IT関連
-,

執筆者:


comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

関連記事

AS400/IBMi CREATE TABLEで作られるカラム

物理ファイルをDDSで作るのではなく、SQLのCREATE TABLEで作る。 ひたすら物理ファイル畑でやってきた人にとっては、なんとなく怪しい匂いが香る。   なので実験してみることにしま …

Laravel DBクラスのSQLで1件だけ取り出したい場合

Laravelを使いだして、はや数ヶ月たらず。   青本を勉強して、MVCモデルにのっとり、モデルでテーブルを定義して、コントローラーでモデルを呼び出し、そのテーブル情報をビューに受け渡しつ …

Mac WindowsからMacに切り替えてお仕事をしよう

会社が私にMacBookProを買ってくれたので早速使おうと思ったけど、ずっと仕事でWindowsを使っていた私にとっては、かなり使いにくい。 といって開かずにいたら、かれこれ半年が経過してしまった。 …

AS400/IBMi DDSのCAとCFの違いを超わかりやすく

本記事は私の備忘録なので間違いがあればご容赦ください。   今回は、DDSに指定するCAとCAの違いについてです。   結論から言うと、指定したファンクションキーを押した後、画面に …

Laravel SQLでWhereをIF文で追加したり外したりしたい

LaravelでSQL文を直で打ちたいときは、コントローラーの冒頭で

を宣言し、   こんな感じでSQL文を書く。 [cra …

Adsense広告




文字で検索

人気記事

なぜだか人気記事

読んでほしい順に