IT関連

AS400/IBMi QRYプログラムからSQL文を生成

投稿日:2019年3月15日 更新日:

あまり意味ないかもしれないけど、備忘録。

使用しているQRY/400の定義からSQL文を逆算して出力する方法。

 

まずSQLソースファイルを作る。逆算したSQL文を置く場所ですね。

CRTSRCPF FILE(HOGELIB/QSQLSRC) RCDLEN(112) IGCDTA(*YES) TEXT(‘****’)

これでQRPGSRCやQCLSRCなどと同じようにQSQLSRCが出来る。まぁ名前は何でもいいのでしょうけど、とりあえずソースファイルですね。

 

後はRTVQMQRYコマンドをF4でプロンプトを開いて、パラメータを埋めていく。

 

QUERY管理プログラム = 作成したQRY名
ライブラリー     = QRYを保存しているライブラリ
ソースファイル    = QSQLSRC
ライブラリー     = HOGELIB
QRYDFNからの・・  = *ONLY

 

で実行すると、QSQLSRCにソースメンバーとしてテキストが生成される。

これ大丈夫かなぁと思うようなSQL文があるけど、まぁいいか。

 

さらにCLを組んでライブラリ内の全QRY定義を変換

当たり前の話だけど、DSPOBJDを使ってQRY定義の一覧をファイル出力してそれをCLでREADしながらRTVQMQRYすれば全てのQRY定義を一気に変換できる。

 

QRY定義を出力する方法は

DSPOBJD OBJ(HOGELIB/*ALL) OBJTYPE(*QRYDFN) OUTPUT(*OUTFILE) OUTFILE(HOGELIB/QRYLST)

これでHOGELIBのQRY定義を、HOGELIBの中にQRYLSTとしてファイル出力することができる。

 

出力したファイルをこんな感じで回す

PGM

DCLF FILE(HOGELIB/QRYLST)

READ: RCVF RCDFMT(QLIDOBJD)

MONMSG MSGID(CPF0864) EXEC(GOTO CMDLBL(END))

RTVQMQRY QMQRY(HOGELIB/&ODOBNM) SRCFILE(HOGELIB/QSQLSRC) ALWQRYDFN(*YES)

GOTO READ

END:

ENDPGM

CPF0864はファイルが読めなかった場合に受け取る。&ODOBNMは出力したファイルの中にあるオブジェクトのフィールド名の変数。

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-IT関連
-, , ,

執筆者:


comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

関連記事

AS400/IBMi Laravel config設定のschemaについて

備忘録です。   Laravelのdatabase.phpにodbcの設定を入れるが、schemaって何なのか解らなかった。   今みたら設定はしていた。自社の主要なライブラリを指 …

Windows NASの接続を解除したいときやってみること

NAS(ネットワークアタッチドストレージ)の、とあるフォルダに、とあるIDで一旦アクセスすると、別の権限が必要なフォルダにアクセスしなおそうとしたときに、アクセスできません!と怒られる。   …

MacでプリンタドライバーCanonLBP8610を設定する

自分用の備忘録なので適当です。Windowsしか設定したことがなくハマったので残しておきます。   まずはメーカーのHPからドライバーをダウンロードする。   Windowsはイン …

AS400/IBMi 無料でWeb化 GUI化 オープン化 Linuxサーバ構築編 3/3

最後の難関。Linuxサーバの構築編3/3(CentOSインストールからODBC接続まで)です。   サーバにCentOSをインストール 表題はサーバになっていますが、今回は動くかどうかのテ …

Windows環境変数を一覧表示するコマンド SET

VBAでプログラムを組むとき、プログラムを実行するユーザの環境に合わせて組むときがある。 例えばユーザ名を取得して処理を分岐するとか、ユーザのデスクトップに名前を付けて保存するとか。 それはPCのもつ …

Adsense広告


文字で検索

人気記事

なぜだか人気記事

読んでほしい順に