IT備忘録 サーバ構築

Windows XAMPPでローカルの別PCからアクセスできない件

投稿日:2018年3月9日 更新日:

会社で自分のPCにXAMPPを入れてテスト用Webサーバにしている。

 

バーチャルホストにしているので、通常の80とは別に5つほど適当にポートを割り当てている。

 

ある日上司からそのサーバにアクセスしたいと言われたので、IPアドレス192.168.xxx.xxx:yyyyを伝えたところアクセスできないとのこと。

 

ネットには情報がたくさん出ていたので片っ端から調べてやってみたが全くうんともすんとも言わない。

 

その方法とは、ServerNameをつけるとか、hostsファイルを書き換えるとか。

 

ちなみに192.168.xxx.xxxでアクセスするとブラウザはポート80にアクセスすることになるのだが、それはうまく開くのだ。他の別ポート指定でバーチャルホストを組んでいるものは軒並みダメだ。

 

hostsファイルを書き換えるとか書いてあったが、私のPCのを替えるわけではあるまい。それも一応やってみたが、後で考えると意味はないだろう。わざわざアクセスしたい人にhostsを替えてもらえませんか等とやるなんて無理だし。

 

素人なものであんまり解っていないのだが、まず上司はそのアドレス192.168.xxx.xxx:yyyyにアクセスすると、とりえず192.168.xxx.xxxにはハブ経由で私のPCに通信は届いているはずなのだ。ポート80のページが開くのだから間違いない。

 

ではトランスポート層でyyyyを弾くというか、ポートが開いていないのではと思ったのだが、その確認の仕方が解らない。netstatかな。

 

で考えたらお決まりのファイヤーウォールが止めているのかなと思って試してみたらServerNameなど関係なしにアクセスできたので、その方法を記しておく。

 

  1. コントロールパネルを開く
  2. システムとセキュリティーを開く
  3. Windows Defenderファイヤーウォールを開く
  4. 詳細設定
  5. 受信の規則
  6. 新しい規則
  7. ポート
  8. 特定のローカルポートにyyyyのポートを入力して次へ
  9. 接続を許可するにチェックされているのを確認して次へ
  10. 問題なければ次へ(私は社内なのでパブリックは外しました)
  11. 名前を入力する(ポリシー名になるので解りやすい文言をつけました)
  12. 完了

これで規則の中に追加されているのが確認できるし、アクセスしたら表示されるようになった。他にも設定次第ではフルオープンにする方法もあるみたいですが、私はこれで十分。バーチャルホストを追加したときに忘れないように備忘録にしておく。

 

しかし、なんでポート80だけは初期設定で受けるんでしょうね。

 

めでたしめでたし。

 

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-IT備忘録, サーバ構築
-, ,

執筆者:


comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

関連記事

Atomの初期設定 備忘録

Atomの初期設定を覚え書きしておきます。内容はドットインストール様の抜粋です。   開くと表示されている、Welcome/Welcome Guide/Telementry Consentは …

Linux CentOS サーバコマンド 備忘録

PHPのバージョンを調べる

  インストールされてるPHPを調べる [crayon-5bf1ca039d23f7881319 …

Laravel SQLでWhereをIF文で追加したり外したりしたい

LaravelでSQL文を直で打ちたいときは、コントローラーの冒頭で

を宣言し、   こんな感じでSQL文を書く。 [cra …

Windows 右クリックからの送るに起動したいプログラムを登録する

やり方 ファイル名を指定して実行を開き(Winキー+R)、 shell:sendto と入力してエンターキーを押す。フォルダが開くのでその中にプログラムのショートカットを入れる。   使い道 …

AS400 長いカラムを途中で折り返しで表示する

長いカラムを画面表示で端で折り返すのは自動的にAS400がやってくれる。同じ長さのカラムをDDS に用意すればいい。 ただ、このやり方では一番右端まで表示してから折り返すことになる。これを途中で折り返 …