サーバ構築

Windows XAMPPでローカルの別PCからアクセスできない件

投稿日:

会社で自分のPCにXAMPPを入れてテスト用Webサーバにしている。

 

バーチャルホストにしているので、通常の80とは別に5つほど適当にポートを割り当てている。

 

ある日上司からそのサーバにアクセスしたいと言われたので、IPアドレス192.168.xxx.xxx:yyyyを伝えたところアクセスできないとのこと。

 

ネットには情報がたくさん出ていたので片っ端から調べてやってみたが全くうんともすんとも言わない。

 

その方法とは、ServerNameをつけるとか、hostsファイルを書き換えるとか。

 

ちなみに192.168.xxx.xxxでアクセスするとブラウザはポート80にアクセスすることになるのだが、それはうまく開くのだ。他の別ポート指定でバーチャルホストを組んでいるものは軒並みダメだ。

 

hostsファイルを書き換えるとか書いてあったが、私のPCのを替えるわけではあるまい。それも一応やってみたが、後で考えると意味はないだろう。わざわざアクセスしたい人にhostsを替えてもらえませんか等とやるなんて無理だし。

 

素人なものであんまり解っていないのだが、まず上司はそのアドレス192.168.xxx.xxx:yyyyにアクセスすると、とりえず192.168.xxx.xxxにはハブ経由で私のPCに通信は届いているはずなのだ。ポート80のページが開くのだから間違いない。

 

ではトランスポート層でyyyyを弾くというか、ポートが開いていないのではと思ったのだが、その確認の仕方が解らない。netstatかな。

 

で考えたらお決まりのファイヤーウォールが止めているのかなと思って試してみたらServerNameなど関係なしにアクセスできたので、その方法を記しておく。

 

  1. コントロールパネルを開く
  2. システムとセキュリティーを開く
  3. Windows Defenderファイヤーウォールを開く
  4. 詳細設定
  5. 受信の規則
  6. 新しい規則
  7. ポート
  8. 特定のローカルポートにyyyyのポートを入力して次へ
  9. 接続を許可するにチェックされているのを確認して次へ
  10. 問題なければ次へ(私は社内なのでパブリックは外しました)
  11. 名前を入力する(ポリシー名になるので解りやすい文言をつけました)
  12. 完了

これで規則の中に追加されているのが確認できるし、アクセスしたら表示されるようになった。他にも設定次第ではフルオープンにする方法もあるみたいですが、私はこれで十分。バーチャルホストを追加したときに忘れないように備忘録にしておく。

 

しかし、なんでポート80だけは初期設定で受けるんでしょうね。

 

めでたしめでたし。

 

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-サーバ構築
-, ,

執筆者:


comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

関連記事

WordPressのテーマ pacifyで検索窓が使えない

備忘録やTipsを作るのに、WordPressのテーマでpacifyが見やすいので使用してみた。 Tipsが1つ1つのカードの形で表示されるので見やすく気に入っているが、右上の検索がどうも動かない。 …

WordPress Stinger8で固定ページにAdsense広告を表示する

なんでStringer8を使い出したんだろうか。もう経緯も忘れたが、Adsense広告も簡単に貼れるし、特に不自由はしていない。というかとても便利だ。   トップの画像がいまだにString …

WordPress 初期設定でパーマリンクを変えてもエラー404

ワードプレスも使い慣れてきたことだし、テーマ作成やらMVCの触りを勉強できそうだなと思って、dotinstallの動画で勉強してたんだ。 ちなみに私は開発環境XAMPPでの運用で、VirtualHos …

FTPができるようにしておかないとな

そろそろバックアップを取らなければならないな。投稿数が伸び悩む中でも、これだけの投稿が一瞬で無くなってしまうのも、ぞっとする。もしバックアップ&復元が失敗したら、今書いている文字すら電子のチリとなって …

WordPress リカバリー まっさらにして戻ってこれたぜ

先日からブログをやっているが、投稿を重ねれば重ねるほど、ぶっ壊れたときに復旧できるのかが心配になってきた。さくらVPSは、サーバのSSDがぶっ壊れたがデータは知らんという事例があるようだ。ちゃんとバッ …