IT関連

ブート用に作ったUSBメモリの戻し方

投稿日:2019年4月4日 更新日:

USBメモリにCentOSを入れようとしてDD For Windowsを使って起動ディスクを作ったが、それをやっぱり普通に使いたいと戻したい場合は、GUIの画面から戻すことができない。(右クリックのフォーマットでは無理)

 

その場合は、CUIコマンドを使う。

  1. コマンドプロンプトを開く
  2. DISKPART [Enter]
  3. list disk [Enter]
  4. select disk ディスク番号 [Enter]
  5. clean [Enter]
  6. exit [Enter]

以上。尚、2の後、コマンドが入力できるまで時間がかかるかも。

 

ちなみにネットで調べたBaffaloのDISK FOMATTERというソフトを使って、物理フォーマットとクラスタチェックを行ったあげくダメなので、上記方法を試したが結局ダメだった。

 

ダメというのは、サーバマシンにUSBメモリを突っ込んでブートしたら、ディスクエラーになる。今まで上手くいったのに。なぜ。そう以前は、DISK FOMATTERでフォーマットして、DD For Windowsで一発OKだった。結論は、Window7のパソコンでDD For Windowsを使って書込めばうまくいった。DD For WindowsはWin10には対応していないのか。右クリックの管理者でないとドライブが表示されないし。

結論は、DD For WindowsをWin7で行うこと。USB再利用の場合は、DISKFOMATTERの物理フォーマットを使う事。上のCUIコマンドは一応消さずに残しておく。

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-IT関連
-,

執筆者:


comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

関連記事

AS400/IBMi CREATE TABLEで作られるカラム

物理ファイルをDDSで作るのではなく、SQLのCREATE TABLEで作る。 ひたすら物理ファイル畑でやってきた人にとっては、なんとなく怪しい匂いが香る。   なので実験してみることにしま …

AS400/IBMi からデータを取得 ExcelVBA クラス化編

注意 これは私の環境下における私の備忘録です。お使いの環境によっては内容が異なる場合があります。システム管理者でない方は絶対にやらないでください。システムにはログが残るものなので、万が一があればクビに …

AS400/IBMi Laravel-Excelで文字化けするので文字コードを変換する

Laravel-Excelというのを見つけたので使ってみたのだが、いかんせんAS400だと色々と面倒くさい。   AS400はEBCDICという文字コードらしく、そこからODBCかPDOで引 …

Dockerとは、そのインストール

Dockerのメリット 開発環境と本番環境のApacheやPHPなどのバージョンの誤差を緩衝する。 DockerをPCにインストールして、その上でWebアプリケーションを動かす。 さらには本番環境にも …

Windows アンインストールの形跡調査

Windowsはある程度のログを残しているので、イベントや警告やインストールやアンインストールの情報など取ることができる。   やり方は 「Winキー」+「Rキー」を押し 小窓に「perfm …

Adsense広告




文字で検索

人気記事

なぜだか人気記事

読んでほしい順に