AS400

AS400 長いカラムを途中で折り返しで表示する

投稿日:

長いカラムを画面表示で端で折り返すのは自動的にAS400がやってくれる。同じ長さのカラムをDDS に用意すればいい。

ただ、このやり方では一番右端まで表示してから折り返すことになる。これを途中で折り返すやり方があったので備忘録として載せておく。

カラムの機能欄に CNTFLD(80) と入力する。 80 の数字はこの文字数で折り返すという指定。例えば600バイトとすると、600/80=7.5なので8行で表示される。コンパイル時に GENLVL では認められないと表示されることがあるが、これは単純に行数が長くなりすぎて表示しきれない場合に起きる。 ( ) の折り返し文字数を見直すこと

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-AS400
-

執筆者:


comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

関連記事

AS400シフト文字を含めてバイト数を計算する

AS400いわゆるIBM system i では、シフト文字という意味不明な文字がある。 普通「アイウエオ」なら10バイトのはずだが、AS400では、12バイトになる。これは先頭と最後が2バイト文字の …

AS400 シンクライアントを132画面対応にする設定

シンクライアントとは必要最低限の機能しかもたず、処理はすべてサーバ側でまかなうようにする端末のこと。 PCのクライアントアクセスとは使い勝手が少々異なるので設定に困った。 エミュレーションタイプの画面 …

【ExcelVBA】シフト文字を含めてバイト数をカウントする

AS400にエクセルに入力したデータをアップロードする仕組みがあるのだが、もちろん10バイトしか入らないカラムだとすると、エクセル上も10バイトしか入れてはいけない。     しか …