Vagrant VirtualBoxのメモ

IT関連

ボックスの一覧を見る

 

ボックスを追加する

centOS6はなぜかWebサーバの内容が表示されなかったのでcentOS7にした。一番下。

 

ボックスの削除

 

ボックスの場所

あまり意識する必要はないけどボックスの場所。MacとWindowsでは場所が違うので注意。

 

ディレクトリを作ってその中に

Vagrant/myCentOS7VMの中

仮想マシンを初期化

これをするとVagrantfileができる。

仮想マシンを起動

Vagrantfileがあるディレクトリで

 

マシンの状態・停止・再起動・削除

destroyをすると電源オフになりVirtualBoxの画面から消えるが、Vagrantfileは残っているので、またvagrant upをすればマシンはできる。

 

仮想マシンへSSHで入る

 

httpdサーバをインストールする

centOS64はbaseがうんぬんでうまくいかなかったけど、centOS7だとうまくいった。

 

httpdサーバを起動する

 

マシンを再起動してもhttpdサーバが立ち上がるように

centOS7でも64でも有効。これがないとvagrant reload後にhttpdサーバが立ち上がっていない。

 

ファイヤーウォールを切る

これはcentOS7では必要なかった。

 

マシンを再起動してもファイヤーウォールをオフる

これもcentOS7では必要なし。

 

indexファイルを作る

終わったら一旦exitで抜ける

Vagrantfileでネットワーク設定をする

192.168.33.10のプライベートネットワークのコメントアウトを外し、再起動する。

 

httpdの起動、状態など

 

Vagrantfileは

Mac上のフォルダとSSH先の/vagrantはリンクされている。

ゆえにVagrantfileもあるし、そのディレクトリにファイルを作ると両方にも存在するようになる。

 

シンボリックリンクを貼る

先に/var/www/htmlを消しておく。

 

Mac側にindex.htmlを作る

 

プロビジョニングとは

vagrant upをした後に自動的に実行される一連の処理のこと。

これでVagrantfileに中に書いたecho命令が実行された。

次の段階で、

にして、ファイルを読み込ませる。

 

ファイルは、

すでにサーバは実行しているので、このvagrant provisionだけでprovisionだけを読み込ませることができる。

 

ボックスを自分で作る

いま動いている仮想マシンの状態をボックスにして使いまわしたい。

終わるとpackage.boxというファイルができる。

 

自分で作ったボックスをシステム(box list)に追加する

同じくvagrant box addをしてあげる。my_boxは自分の名前でOK

そのボックスを使ってinit upする手順は同じ。

 

便利なプラグインのインストール

 

saharaを使ってみよう

仮想マシンに変更を加えた後にイマイチだったので戻したいときなどに便利。

saharaをインストールして、ONにする。

コミットは仮想マシンが動いている時は非常に動作が重たいのでsuspendで止めてからcommitする。

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました