政治

堺市長選挙2019を予想します

投稿日:2019年6月7日 更新日:

また政治ネタです。

なるべく偏らないようにするつもりですが、気に入らない人や見たくない人は飛ばしてください。

申し訳ありません。

 

★2019/6/10 結果を受けて一番最後に追記しました★

 

結論から書きますが、私の予想はゼロ打ちで永藤氏の勝利です。

こんなことを言うと、維新支持者からこんな油断させるようなことを言う人間は反維新の回し者だとか言われるかもしれませんが、どうぞご自由に。

もう油断で覆るレベルではないと思っていますので、寝てても永藤氏が勝つと思います。

選挙の行方は、今まで築きあげてきた実績で決まると思っています。

選挙前だけ街頭に出てきて「よろしくお願いします」なんて人は逆に反感を買います。

特に堺市民はヘンクツなので、選挙前だけ堺!堺!言うと逆に嫌われます、むしろ寝ててください。

今になって堺が大事とか皆さん言いますが、隣の高石市は口にも出さないでしょう。

 

 

今回の立候補者は、

・維新 永藤さん
・N国 立花さん
・無所属 野村さん

の3人です。

 

 

NHKから国民を守る党 立花さん

私が一番注目しているのは、NHKから国民を守る党の立花さんです。これはダークホースです。

永藤氏の勝利は決まっていますが、ここにどれだけ維新の票を喰われるかで永藤氏が圧勝になるか普通の勝利で終わるか変わってくると思っています。

 

NHKから国民を守る党は、NHKの回し者みたいな名前ですが、NHKをぶっ壊すことスクランブル放送の実施を目的としています。

スクランブル放送とは「WOWOW」や「スカパー」のようにNHKを見たい人だけお金を払って見れるようにすることです。

現状は、NHKの放送を見ていなくても、テレビがあるだけで強制的にNHKと契約させられ、強制的にお金を徴収されます。

 

NHKの制度には少なくとも2つ問題があります。

・NHKを見ていなくてもお金を取られる
・お金を払わなくてもNHKを見れる

です。

 

真面目にお金を払っている人からすれば、お金を払わずに見ている人がいたら不公平なので怒るでしょう。

見ていない人からすれば、見ていなくてもお金を払えと集金人が押しかけてくるので、それはそれで怒ります。

 

その怒りは個人に向けられるのではなく、そういう制度で運用しているNHKに向けられます。

もちろん偏った報道や、報道しない自由に怒っている人もいます。

ゆえに日本国民の多くがNHKに対して怒っているということです。

 

立花さんは、この是正を国に訴えかけ放送法改正を目指しています。

そして政党を作り、都議会議員選挙や市議会議員選挙に候補者を送り、多くの議員を選出しています。

でもこれ、普通に考えたらおかしいですよね。

都や市の議員を増やしても、まったく放送法の改正には関係ありませんので。

 

じゃあなんで票が入るの?というと、それだけNHKや放送法に対する国民の怒りが凄いということです。

N国に投じた票とは、NHKに対する怒りそのもの、怒りのバロメータです。

私も、今年の市議会議員選挙は「NHKから国民を守る党」に入れました。

 

とはいえ、今回の堺市長選挙は首長選挙です。

普通に考えたら堺市のトップに、NHKをぶっ壊すことだけが目的の人を据えるのは無理があります。

もし私に選挙権があったとしても、さすがに今回はNHKから国民を守る党には入れないでしょう。

 

スクランブルも大事ですが、出身地の堺市を憂いている私にとっては、堺市の成長の方が大切です。

それに、立花さんはハッキリ売名で市長選挙に出ていると宣言してますし、万が一堺市長になってここで足踏みしてもらっては困ります。

 

 

無所属という名の反維新 野村さん

正直何をしに来たのかよくわかりません。勝ち目など一ミリも無いのに。

統一地方選挙や衆議院補欠選挙は、反維新(自民・公明・立民・共産)は瞬殺されましたし、前回立候補して竹山と競り負けた永藤氏とは知名度の面でも不利すぎます

それもあり、反維新は候補者を立てず、永藤氏が無投票で決まるという話も出ていました。

そこに売名目的の立花さんが名乗りを上げました。

 

その直後に野村さんが出馬表明したと記憶しています。

まったく的外れかもしれませんが、私はNHKが根回しして候補者を立てさせたのでは?と推測します。

 

なぜなら、NHKから国民を守る党の存在は、当然NHKからすると迷惑以外の何物でもありません。

しかし、永藤vs立花の一騎打ちになれば立花さんを報道せざるをえません。腐っても彼らの仕事は報道ですから。

NHKをぶっ壊すと宣言している人間を、NHKが取材するという面白い構図ですが、さすがに報道しない自由を行使しようとしても限界があります。

竹山前市長の問題もあり、堺市長選は話題にもなっていますので。

 

そこに野村さんが参戦したことにより、維新vs反維新すなわち、永藤vs野村の実質一騎打ちという報道ができるのです。

立花さんの露出度はそこそこにして闇に葬り去ります。映さなければいいのですから簡単です。

 

そういうわけなので、申し訳ありませんが、野村さんは急場で立てたそのための候補にしか見えません。

野村さんがどういう人なのかまったく存じ上げない私が言うのは大変失礼なのですが、まさにその知名度の無さが決定的と思います。

 

 

維新 永藤さん

前回の堺市長選挙では、竹山市長に負けましたが、かなりいい線いってました。というか互角です。

維新の勢いもありますし、竹山市長の件もあるので、永藤氏は前回よりも多く票を取るでしょう。

演説が巧い松井・吉村も堺市内を演説で練り歩くでしょうし、そんじょそこらの対立候補では歯が立ちません。

小泉進次郎くらい持ってこないと永藤氏の相手にもならないと思います。

以上、おわり。

 

その他

発展し続ける大阪市を横目に、実際のところ堺市民も羨ましく思っているハズです。

少なくとも私はそう思っています。

大阪市はどんどん栄えていくのに、堺市はどんどん寂れていきます。

私は年に2回ほど堺に帰省しますが、堺はずっと暗いまんまです。駅周辺はまったく栄えないし、色んなものがバタバタと潰れています。

堺東、何ですかアレは。昔よく遊びに行った「ガシ」がもはや廃墟ですよ。悲しくなります。

 

竹山前市長が原因かは分りませんが、そんな状況で市長に政治資金で不正という報道があったので、さすがにそっち勢力に票を投じる人は少ないでしょう。

堺市民は大阪市が嫌いなのは有名な話ですが、消去法で永藤氏に入れる人は多いと思います。

どうせ堺市は今が底なので、一度やらせてみてダメなら次回落とせばいいのではと思います。

 

 

という感じなので、圧倒的な劣勢な反維新は、どうせ戦うならとなりふり構わずやってきます。

 

今回、

「大阪の成長に堺市はいらない」

「堺市民の税金を大阪府全体で使おう」

というビラがいかにも維新側が出したかのように配られています。

 

アハアハアハ(^◇^)いくらなんでも気付きますよ(笑)(笑)(笑)

堺市民に向かって「堺市はいらない」なんて言う訳がないです。

じゃあこのチラシはなんなのか。デマでしょう。

 

これ恐ろしいですよ。

何が恐ろしいかのかと言うと堺市民の怒りがです。

デマチラシだと気づくやいなや、大激怒&暴動レベルですよ。

 

A「こんなチラシきたで、維新許さん!」

B「あ、それデマらしいで」

A「え、ほんまか」

B「選挙してるのに堺はいらないとか普通言わんやろ

A「それもそうやな」

B「これはあかんやろ」

A「ワシは維新嫌いやけど、相手はこんな汚い手を使うんか!」

 

こんな感じです。

浪花節、義理人情の町、堺と大阪を舐めてもらっちゃ困ります。

 

まとめ

正直私は大阪に住んでいないので大阪の空気はよく解ってません。

でも勝敗予想くらいは書けるかなと思って記事にしました。

 

まとめると、

・大阪では自民党から共産党まで手を組んでも維新には勝てない
・永藤氏は前回市長選挙で竹山市長とほぼ互角
・デマチラシの逆効果
・維新の実績
・野村氏の知名度の無さ
・竹山市長の政治資金不正
・松井・吉村の力

こんな感じです。

 

正直、公明党を含めた自民党から共産党まで手を握るなんて普通はありえませんよ。

最強無敵無双、独占禁止法違反(笑)、これはもうイジメですよ。

でもそれに勝ってしまう維新は、大阪においては負けはありません。

それが今の大阪にとっては幸せなのでしょう。

 

別に私は維新を応援しているわけではありません。

今回の丸山議員への仕打ちで維新の対応には正直頭にキテますので、今まで一番好きな政治家だった松井代表も嫌いです。

でも、私が票を投じる候補から維新を外すことはありません。それが実績の力です。

 

マジで堺市なんとかしてください(;O;)

ガシが一番の繁華街なんてショボすぎます!

 

という感じで記事は以上になります。

色々誤解しているところや説明しきれてないところがあるかと思いますが、個人の感想なのでご容赦いただけると幸いです。

間違い等ございましたらご指摘ください。ご覧くださりありがとうございました。

 

 

結果を受けて(2019/6/10追記)

ゼロ打ち外れましたね。以外に接戦でした。失礼いたしました(-_-;)

 

金が原因で市長が辞めているのに、同じ派閥にあんなに票が入るなんてどうかしてるぜと思いますが、尊重するしかありません。

維新サイドは竹山を逮捕しろ、検察だ、百条委員会だとか言ってますが、立件する材料に欠けるのでしょう。

 

ときに、維新を応援している人は、気が気じゃないほど喜んでいるでしょう。

竹山さんが橋下徹さんを裏切ったのは2009年ですから、約10年我慢した格好です。

維新側は大阪市は良くなったとドヤっていますが、堺市がこれから4年間でどう変わるか期待します。

ここ10年で堺市が明るくなった気配は一ミリも感じなかったので特にそう思います。

 

大阪補欠選挙で当選した藤田文武さんは頭も良く力強さを感じましたが、正直永藤さんは頼りなさそうです。

あの人で堺市を立て直せるのか心配なところがありますが、他の協力も得ながら頑張ってほしいです。

 

一方NHKから国民を守る党の立花さんが心配ですね。

N国の得票数は私の想定通りでしたが、本人はやけに自信満々だったので、あの結果を受けて心の整理に時間がかかるでしょう。

NHK改革は維新も期待できないことがハッキリしたので、立花さんには最後の砦として、初心を忘れずに頑張ってほしいと思います。

 

以上です。

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-政治
-,

執筆者:


comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

関連記事

丸山穂高議員を擁護する観点から持論を展開します

政治的な内容をブログ記事にするのは初めてです。 以前カタログハウスは政治的な意見を誌面に持ち込むなと言った私ですが、どうしても言いたいことがあるので、記事にさせて頂きます。 ブログの性質上、カタログハ …

Adsense広告


文字で検索

人気記事

なぜだか人気記事

読んでほしい順に