IT関連

AS400/IBMi 無料でWeb化 GUI化 オープン化 Linuxサーバ構築編 2/3

投稿日:2018年9月26日 更新日:

1/3でグダグダと説明してまいりましたが、構築作業の事前準備として2/3を設けました。

 

さっそく初めて行きます。

 

準備するもの

  • Linux用Access_Client_Solutions(ODBCドライバー含む)
  • ご自身が操作しているパソコン
  • サーバ替わりにする新品orリカバリ後のパソコン(64bit)
  • USBメモリ

です。USBメモリは、CentOSをぶち込んで、サーバパソコンに注入するのに使います。

サーバ替わりのパソコンはノーパソでもOKです。但し、64bitをご用意ください。CentOSは32bitには入りません。

 

作業はかなり大変なので覚悟してください。次の構築編3/3も超大変です。

 

 

Linux用Access_Client_Solutionsを取得する

まず、IBMの英語版サイトに行きます。

 

  1. 上部メニューにある、Supportをクリックします
  2. さらに上部ニューにある、Downloadにある、Entitled Systems Supportをクリックします。
  3. 左のメニューにSign in(サインイン)があるので、クリックします。
  4. IDとパスワードを作成してサインインしてください。
  5. サインインしたら、左のメニューに、My entitled softwareというのがあるので、それをクリックします。
  6. さらに、Software downloadsをクリックします。

7. カテゴリからIBM i 、グループからAS400のOSのバージョンを選んで、Continueをクリックします。

 

ちなみにAS400のOSのバージョンを調べるにはAS400のコマンドラインから、

  • GO LICPGM
  • 10導入済ライセンスプログラムの表示を選択
  • F11キーをクリック

すると、リリースのフィールドが表示されます。IBM導入済リリースがOSのバージョンです。

 

8. 一番上にあるIBM iにチェックを入れてContinueをクリックします。選択したGroupのバージョンにより表示が異なると思いますが、それっぽいのを選んでください。

 

9. Asia Pacificを選んでおきます。選択したらContinueをクリックします。

 

10. hide/showをクリックします。

 

11. さらに出てきたこのhide/showをクリックすると、(細かいところは、ちょっと変わるかもしれません)

 

12. 一番下にあるLinux APこれにチェックを入れてContinueをクリックします。

 

13. IBM i Access Client Solutions – Linux APが選択された状態を確認してI agreeをクリックします。

 

14. Download nowのボタンをクリックします。

 

15. するとそのすぐ下にDownload Directorのリンクが表示されるので、クリックします。

 

すると、IBM_Install_DDというのがローカルにダウンロードされるはずです。

 

これはLinuxのACSではなく、ダウンロードディレクターという、ダウンロード専用のソフトです。

 

それをクリックして次へで進むとダウンロードディレクターがPCにインストールされます。

 

もしIBM_Install_DDをクリックしても反応がなければ、Javaが入っていないせいなので、javaをインストールしてから再度お試しください。javaはググれば容易に見つかります。

 

それから何も考えずに次へ次へで進めば、こんな感じでダウンロードが始まります。

 

見事ダウンロードできました。DownloadDirectorフォルダの中に入ります。
これが必要なのです。IBM_i_Access_Client_Solutions_-_Linux_AP_LCD8_2012_07.zip

 

いやいや、久しぶりにダウンロードしましたが、うまくできました。

手順書作りも難しいです。

ちなみに将来的にバージョンによりzipファイルの下部の番手は変更されますが、特に導入手順に変更はないと思います。

 

CentOSをダウンロードします

次にCentOS7をダウンロードします。

centos.org(オーアールジーではなく、オルグと読むのが通です)でググれば出てきますが、リンクを貼っておきます。

centos.org

画像付きだと大変なので箇条書きで行きます。

  1. 真ん中より左にある大き目のボタン「Get CentOS Now」をクリックします。
  2. 大き目のボタンが3つ並んでいると思いますが、ボタンではなくその下「via Torrent」をクリックします
  3. ずらっとリンクが並びますが、http://ftp.riken.jp/Linux/centos/から始まるものをクリックします
  4. CentOS-7-x86_64-NetInstall-1804.isoをクリックします。1804はバージョンなので将来番号は変動します。
  5. ローカルにダウンロードされます(環境によりますが数分程度)
  6. このアドレスをメモっておく(次の構築編で使います)

これでCentOS7のダウンロードは完了です。これで無料のOSゲットです!

ちなみにパソコンとしてLinuxを使いたいのであれば、CentOSよりUbuntu(ウブントゥ)がオススメです。

6のアドレスとは下記のようなものです。

 

CentOSをUSBメモリに書き込みます

え?ドラッグアンドドロップで終わりじゃないの?と思うかもしれませんが、終わりじゃないのです。

ISOファイルだからか、OSだからか知りませんが、ソフトが必要なのです。

 

書き込むツールを下記からダウンロードします。

DD for Windows – シリコンリナックス

 

ダウンロードのリンクがあるので、zipファイルをローカルに落とし、解凍してください。インストールするタイプではありません。

バージョンが変わっていなければ、DDWin_Ver0998.zipというファイル名です。

 

解凍されたフォルダの中にある、DDWin.exeを実行するのですが、その前にUSBメモリを指しておいてください。

 

次にDDWin.exeを管理者権限で実行します。管理者権限で実行しないとUSBメモリが認識されません。

 

下記緑のウインドウが開きます。左がUSBメモリ、右が書き込むファイル(CentOS)です。それぞれ選択して、書き込みを押してください。

 

何度かポップアップで注意されますが、次へ次へで大丈夫です。所要時間1分程度で書き込みが完了するはずです。

尚、OSを書き込んだUSBメモリはフォーマットが変わるせいか、容量がおかしくなります。

元のファイル保存用途に戻したい場合は、戻すためのソフトが必要です。その場合はバッファローディスクフォーマッターでググってみてください。

できればそのUSBメモリは、CentOS永久保存版専用にしても良いと思います。

 

以上でCentOSはUSBメモリに入りました。

 

以上で準備編2/3は完了です。

次はめっちゃ長いサーバ構築編です。

AS400を 無料でWeb化 GUI化 オープン化 Linuxサーバ構築編 3/3

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-IT関連
-, , ,

執筆者:


comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

関連記事

VB.NET OBJやBINやビルドの意味

ビルドはコンパイルとリンクの2段階の作業に分かれる。 ソースコードをアセンブリにするのがコンパイル。 アセンブリと周辺データを混ぜ合わせ動くプログラムを作るのがリンク。 OJBフォルダにはコンパイルさ …

AS400/IBMi RunSQLScriptsでエクセルExcelやCSVでダウンロード

SQLを使いだすと便利ですね。QRY400とかdtfでやるより自分の思ったとおりに抽出できる。 でもそのままエクセルに吐き出せないのかなと思ったらやり方が英語であったので備忘録にしておく。 ちなみに最 …

AS400/IBMi ACSの印刷設定

ACSの導入テスト時でレーザープリンターの設定でハマったので備忘録。 テストはMacで行いましたが、Windowsも同じだと思います。   現状 使用プリンターはキャノンLBP8610という …

AS400/IBMi アクティブジョブを取得するSQL WRKACTJOB

現在開いているJOBをSQLで取得しようと思った。 要するにWRKACTJOBで表示するのと同じ内容がほしい。   理由はWeb画面にユーザーのジョブを一覧で表示して、気に入らない奴を気分次 …

git Laravelで引っ越しの備忘録

自分の備忘録です。正直自分にわかるようにしか書いていません。 真似て事故っても責任は持てませんのでご了承ください。でも何かの参考になれば幸いです。   開発環境は自席WindowsPCのXA …

Adsense広告




文字で検索

人気記事

なぜだか人気記事

読んでほしい順に