AS400 IT備忘録 PHP サーバ構築

AS400を 無料でWeb化 GUI化 オープン化 Linuxサーバ構築編 3/3

投稿日:2018年9月26日 更新日:

最後の難関。Linuxサーバの構築編3/3(CentOSインストールからODBC接続まで)です。

 

サーバにCentOSをインストール

表題はサーバになっていますが、今回は動くかどうかのテストなのでパソコンにインストールしていきます。

 

USBメモリをサーバに差し、本体電源ボタン起動します。(USBメモリから起動するようにBIOS設定してください)

 

1.初期画面(黒い画面)

以下の操作はすべてサーバマシン側の操作です。当分自席のPCは忘れてください。

  1. CentOS7の画面が表示されたら、すぐTabキーを押します。
  2. 下にコマンドを打つ欄が表示されます。
  3. checkとquietの間に、net.ifnames=0と入力してください。文字の間は半角スペースです。
  4. エンターキーで次へ進みます。

これを間違えたら先に進んでも最初からやり直しなので注意してください。

初期状態はキーボード設定がおかしいので、イコール(=)が出ないかもしれませんが、「へ」のキーで出ると思います。

 

2.設定画面(言語)

言語を選択する画面がでるので、日本語を選んで、右下の続行をクリックします。

 

3.設定画面(ネットワーク)

  1. ネットワークとホストをクリックします。
  2. 左上、イーサネットと青く反転しているところが、(eth0)になっていればOK。なっていなければ入力したnet.ifnames=0が間違っているので最初からやり直しです。
  3. 左下のホスト名を入力してください。説明はwebsystemと入力したと仮定して進めます。
  4. 右下の「設定」ボタンをクリック
  5. 全般タブに切り替えし、「この接続が利用可能になったときは自動的に接続する」にチェックを入れる
  6. IPv4のセッティングタブに切り替え、方式を手動にする。(環境がDHCPの場合はそれで)
  7. 「追加」ボタンをクリックし、IPアドレス、サブネットマスク、ゲートウェイを入力する。
  8. その下のDNS情報も入力する
  9. IPv6のセッティングタブに切り替え、方式を「無視する」にする。
  10. 右下の「保存」ボタンをクリックする。
  11. イーサネットが「接続済です」になっていることを確認します。
  12. 左上の「完了」ボタンをクリックします。

4.設定画面(日付と時刻)

  1. 日付と時刻をクリック
  2. 地域がアジア、都市が東京になっていることを確認
  3. 右上の歯車のボタン(歯車2つ)をクリック
  4. NTPサーバの一覧が表示されるが、ほぼ稼働中(緑)になっていることを確認する。(たまに1つ停止してますが問題ありません。)
  5. OKボタンをクリックする
  6. 右上ネットワーク時刻がオフの場合はオンにして、左上の完了ボタンをクリックする。

5.設定画面(インストールソース)

構築編2/3で控えておいたメモをここで使います。

  1. インストールソースをクリックする(!マークがついている)
  2. ネットワーク上のテキストボックスに、メモのhttp://を除外して、isosをosにしたものを入力します。
  3. 完了ボタンをクリック
  4. 元の画面に戻り、しばらくするとインストールソースの!マークが消えて、全体が黒く(正常)になっていることを確認する。

今回の場合入力する文字は、ftp.riken.jp/Linux/centos/7.5.1804/os/x86_64/になります。

!マークが消えない場合はスペル間違いだと思われます。再度確認してください。

 

6.設定画面(ソフトウェアの選択)

  1. ソフトウェアの選択をクリック。
  2. 左側ベース環境は、GNOME Desktopを選択する。
  3. 右側アドオンは、GNOMEアプリケーション、互換性ライブラリ、開発ツール、セキュリティーツールの4つを選択する(慎重に。間違えると全てやり直し)
  4. 完了ボタンをクリック。
  5. 元の画面に戻りしばらく待つと、ソフトウェアの選択がGNOME Desktopになっていることを確認する。

7.設定画面(ディスクの設定)

  1. インストール先をクリック。
  2. 左下パティーション構成が、自動構成のパティーションが選択されていることを確認。
  3. 左上の完了ボタンをクリックする。
  4. インストールオプションのポップアップが表示されるので、領域の再利用をクリックする。
  5. 右下の「すべて削除」をクリックする。
  6. リストのアクションの箇所がすべて削除になっていることを確認する。
  7. 右下にある「領域の再利用」をクリックする
  8. すべての!マークが消えたことを確認する

8.インストール

手順3で、rootパスワードを決めますが、rootとは最高最強権限なので、この権限があればシステムを壊すことも乗っ取ることも可能です。今回はテストなので大丈夫ですが、絶対に推測されない、突破されないものを考えてください。

  1. 右下にある「インストールの開始」ボタンをクリックする
  2. ROOTパスワードをクリック
  3. rootパスワードと確認の2つを入力して、左上の完了ボタンをクリックする。rootパスワードは自分で決めること。
  4. ユーザの作成をクリックする
  5. これは一般ユーザになります。ユーザー名は日本語以外で適当に決めて入力してください。私はcentuserにします。フルネームは入れなくても大丈夫です。
  6. このユーザを管理者にするにチェックを入れます。
  7. パスワードを決めて2か所入力してください。
  8. 左上の完了ボタンをクリックします。
  9. インストール完了まで待つ(30分以上かかります)
  10. インストールが完了したら、右下にある「再起動」ボタンをクリックする
  11. USBメモリへのアクセスが無くなる絶妙のタイミングでUSBメモリを抜く(抜かないと再起動時にまたOSをブートします)
  12. 再起動され、ゴチャゴチャ色んな画面がでるが、そのまましばらく放置。そしてCUIライセンス画面へ。

手順11のタイミングは本当に絶妙です。USBメモリのアクセスランプに注目して最新の注意して臨んでください。

USBメモリではなくDVDでインストールした場合は、再起動中にトレイが開きますが速攻で閉じるので、絶妙なタイミングでDVDを取ってください。

 

9.ライセンスに同意する

  1. ライセンス画面がGUIで出ていれば手順6からスタート。CUIなら1からスタート。
  2. 1を入れてエンターキー
  3. qを入れてエンターキー
  4. YESを入れてエンターキー
  5. 再起動される
  6. 「ライセンス情報に同意しない」をクリックするとライセンス画面に飛びます。
  7. 左下にある「ライセンス契約に同意します」をチェック
  8. 左上にある「完了」をクリック
  9. 右下にある「設定の完了」ボタンをクリック
  10. 再起動される

初期設定をする

再起動されるとログイン画面が表示されます。

いろいろとデフォルト設定のままだと不都合な項目があるので、それを直していきます。

 

1.ログインからチュートリアル終了まで

  1. 作成したユーザー名をクリックする。
  2. パスワードを入力してエンターキーを押す。
  3. しばらく待つとようこそ画面が表示される。
  4. ようこそ画面にある、日本語をクリックする。
  5. 日本語(かな漢字)をクリックして、右上の「次へ」をクリック。
  6. 位置情報サービスはオンのまま、右上の「次へ」をクリック。
  7. 色管理が現在の位置情報うんぬんが出た場合は、許可をクリック。
  8. オンラインアカウントに接続画面は、何もせず右上の「スキップ」をクリック。
  9. 「CentOS Linuxを使い始める」をクリックする。
  10. 初めて使う方へのチュートリアルが表示sれるので、右上のバツをクリックして閉じる。

2.電源設定をする(作業途中に画面が消えないように)

  1. 右上の電池アイコンをクリックする。
  2. 下に表示された中に、また電池アイコンがあるのでクリックする。
  3. 電源設定をクリックすると、電源管理のウインドウが表示される。
  4. 操作をしていないときに画面を暗くするを「オフ」にする。
  5. ブランクスクリーンを「しない」にする。
  6. 右上のバツをクリックして閉じる。

3.消音にする(音がうるさいので)

  1. 画面右上のスピーカーのアイコンをクリックする。
  2. スピーカーの音量を最小にする。
  3. (閉じるボタンがないので)デスクトップの適当なところをクリックし閉じる

4.日本語入力を可能にする(CentOS7は標準では日本語を入力できないみたい)

  1. 右上の「Ja」をクリックして、日本語(かな漢字)をクリックする
  2. 右上の「Ja」が「あ」になったのを確認する。

これをすると、キーボードの半角/全角切り替えで、日本語とアルファベットを切り替えることができるようになる。

 

サーバの設定はマダマダマダマダ続きますが、次からは自席のパソコンからリモートで操作します。

ちなみにまだまだ超長丁場になるので、途中でやめにして帰る場合は、サーバをシャットダウンして帰って下さい。

CentOSでも見た目はGUIなのでシャットダウンは直感的に解ると思います。

一日くらい大丈夫だと思いますが、つけっぱなしで火事になっては困りますので。

下記で説明するリモート側から落とす場合は、

としてください。後述するrootユーザに変身してから行います。

 

 

リモートでサーバーにアクセスします

基本的にサーバはリモートで操作します。でないとデータセンターなどにサーバを置けません。

どうしてものときだけ、直にサーバのキーボードを叩きます。以下は全て自席のパソコンから行います。サーバは触りません。

 

Teratermをインストールする

AS400のクライアントアクセスはtelnet(テルネット)という技術を使ってアクセスしているのはご存知だと思います。

これもリモート操作といえばリモート操作です。

しかしtelnetは平文のためセキュリティに弱いので、現在はSSH(セキュアシェル)という技術を使って暗号化された通信を行うのが普通です。

ちなみにSSHはそのままエスエスエイチと呼んでOKです。

これもクライアントサーバ型です。クライアントが自席のPCになります。

そのSSHでアクセスするための(いわばクライアントアクセスみたいな)ソフトが必要になります。

それがTeraterm(テラターム)です。下記リンクからアクセスしてください。

Tera Termプロジェクト

ダウンロード、最新リリースのところにある一番新しいやつ(現在は:Tera Term 4.100でした)をクリックしてください。

ダウンロードが終了したら、クリックしてインストールしてください。次へ次へで大丈夫です。

 

TeraTermでサーバにアクセスする

  1. テラタームを起動します(インストールされてるので、すべてのプログラムにあるはず)
  2. ホストのテキストボックスに、サーバに設定したIPアドレスを入力して、OKボタンをクリックします。
  3. セキュリティ警告が表示されます。
  4. 「既存の鍵を、新しい鍵で上書きする」にチェックを入れて、「続行」ボタンをクリックします。
  5. ユーザー名(私の場合はcentuser)とパスフレーズはインストールの最後に設定した一般ユーザのものを入れます(基本rootでログインはしません)
  6. OKボタンを押します。
  7. コマンドプロンプトのように、黒い画面に白い字でコマンド入力できるようになれば成功です。

これでサーバに触らずガシガシ設定できるようになりました。

 

Vimを習得する

Linuxを使うということは、すなわちLinuxサーバの管理者になるということです。

となると最低限、テキストファイルの編集くらいはできるようにならなければなりません。

しかしLinuxの場合はエディタの操作がWindowsの場合とまったく異なります。

 

Windowsではメモ帳ですが、LinuxのデフォルトのエディタはVim(ヴィム)といいます。

この操作ができないと先に進めません。ここで全部説明するのは大変なので必要極最低限で説明します。

 

Vimの操作説明(ほんとに最低限です)

Vimにはモードという仕組みがあり、エディタを開いたときはノーマルモードからスタートします。

 

ノーマルモードでは、カーソルの移動や、文字の削除、エディタの終了などが行えます。

そのカーソルの移動方法が独特で、

  • カーソルを下に移動 → 「J」のキー
  • カーソルを上に移動 → 「K」のキー
  • カーソルを左に移動 → 「H」のキー
  • カーソルを右に移動 → 「L」のキー
  • 文字の削除 → 「X」キー

でおこないます。あと終了は以下のようにします。

  • 保存して終了 → 「:wq」を入力しエンターキー
  • 保存しないで終了 → 「:q!」を入力しエンターキー

 

もう一つのモードは挿入モードです。

挿入モードでは、文字を打ったり消したりできます。

挿入モードへの切り替えは、ノーマルモードの状態から

  • 挿入モードへ移行(カーソルを前にたてる)  → 「I」キー
  • 挿入モードへ移行(カーソルを後ろにたてる) → 「A」キー

を押します。左下に— 挿入 —という文字が表示されるので判るはずです。

挿入モードになれば普通のキーボードと同じように文字が打てます。

「半角/全角キー」でカナとアルファベットの切り替えられますし、BackSpaceやDeleteキーも使えます。普通のエディタと同じです。

文字の削除はノーマルモードから「X」と言いましたが、BackSpaceやDeleteでも大丈夫です。

 

でもカーソル移動はできません。エディタの終了もできません。

カーソルの移動がしたい場合はノーマルモードに戻らなければいけません。

 

ノーマルモードへ切り替えは、

  • ノーマルモードへ移行 → 「Esc」キー

を押します。

 

練習してみましょう

 

SSHでログインした状態ならこんな感じになっていると思います。

 

下記のようにコマンドを入力するとtest.txtというファイル名でvimが開きますので、一度上記の操作を試してみてください。

 

やっているときに、あー分けわかんねぇーってなった時は、とにかく「Esc」キーでノーマルモードに戻り、「:q!」で保存しないで終了しましょう。

あと「ひらがな」入力のときは、ノーマルモードでも終了とかカーソルの移動とかできませんので、「アルファベット」入力に戻すようにしてください。

 

これだけの説明だとLinuxとはなんて面倒くさいのだろうと思うかもしれませんが、

Vimにはさらに快速に操作できるすばらしい機能があり、エンジニアには手放せない人が多いそうです。

Vimを使う人をVimmer(ヴィマー)と言われます。私も一通り操作できます。

 

もし気になる人は下記入門講座を受けてみてください。無料ですし、見るだけならIDも不要です。

ドットインストール Vim入門

尚、LinuxにはVim以外にもエディタを入れることができます。

ですが操作するLinuxに必ずしも使い易いエディタが入っているとは限りませんので、Linux管理者ならばVim操作は習得しておくべきというのが当然のようです。

 

 

引き続きODBCまでの設定をしていきます

まだVimに慣れなくても、これから先はガンガンVimを使いますので、設定が終了することには慣れるので大丈夫です。

 

SELinuxを停止する

CentOS7にはSELinuxというセキュリティの仕組みがあるのですが、熟練者にもかなりややこしいので、皆さん停止するのが定石です。

現在一般ユーザでSSHログインしていますが、SELinuxの停止は管理者権限が必要なので、rootユーザに変身してから行います。

 

現在はこの状態だと思います。この$は一般ユーザの意味です。

su と -(ハイフン)を入力し、エンターを押します。パスワードを聞かれるので入力してエンターキーを押します。

rootユーザに変身(昇格)しました。#がなによりの証です。

 

あ、これからエンターキーを押してとか言いませんので、コマンド後はエンターだと思ってください。

 

現在起動しているSELinuxを停止します

停止しているか確認します。下記を入力したらPermissiveであれば停止しています。

SELinuxのコンフィグ(設定)を開きます

6行目くらいにあるSELINUX=enforcingを変更します。さぁVimのお時間ですよ。

編集できたらノーマルモードに戻って、「:wq」で保存して終了します。

 

HTTPとFTP通信をするため、ファイヤーウォールを設定します

HTTP通信を永続的に許可します

FTP通信を永続的に許可します

設定を定着させるためファイヤーウォールを再起動します

 

FTPサーバを立てる

あとあと自席PCとサーバ間で、ファイル等の移動しないといけないので、サーバ側にFTPサーバソフトを入れてあげます。

FTPとは言わずとしれたファイル転送プロトコルです。今回FTPサーバソフトはvsftpdを入れます。

 

最初に(インストールパッケージの)アップデートを行います。これは30分くらいかかります。

FTPサーバソフトである、vsftpdをインストールします。

vsftpdのコンフィグを開く

匿名ログインを禁止するため、12行目を下記に直します。

82.83行目の#(コメントアウト)を除去し、アスキーモードでの転送を許可します。

100.101.103行目の#を除去し、ホームディレクトリより上層のアクセス権を設定する

109行目の#を除去し、ディレクトリごと一括転送を有効にする

114.123行目を直します。IPv4を有効にし、IPv6を無効にします。

一番下の行に追加します。入力したら保存してVimを終了します。

 

 

さらにVimを起動しファイルを作成します。さきほど設定した「ホームディレクトリより上層のアクセス権を設定する」を許可するユーザーのファイルを作ります。

2行追加します。私の場合はcentuserですがご自身で名付けたユーザー名を入れて下さい。追加したら保存してVimを終了します。

 

 

vsftpdを起動します。このときエラーが出たら設定に間違いがあるので再度確認してください。

サーバが起動や再起動したとき自動でvsftpdが立ち上がるようにします

サーバを再起動します

 

 

 

自席PCに保存したACS(IBM Access Client Solutions)をサーバへ

いよいよODBC設定を行うために、IBMのサイトからダウンロードしたACSをサーバに移動しようと思います。

自席PCからサーバへのファイル転送は、FTPクライアントソフトを使います。

FTPクライアントソフトはffftpを使います。下記からダウンロード&インストールします。

FFFTPプロジェクト

特に難しくないので次へ次へで入れて下さい。

 

FFFTPを起動してACSをサーバに転送します

  1. アイコンをダブルクリック(プログラムを起動)
  2. 新規ホストをクリックします
  3. ホスト名(アドレス)にサーバのIPアドレスを入力します
  4. ユーザ名の枠に、ユーザ名を入れて下さい。SSHと同じです。
  5. パスワード/パスフレーズの枠に、パスワードを入れて下さい。
  6. OKボタンを押してください。
  7. 接続ボタンを押してください。
  8. 「現在の暗号化の状態を保存しますか」と表示されるので「はい」をクリックします。
  9. ウインドウの右側にディレクトリ一覧(ダウンロードとかテンプレートとか)が出れば接続OKです。
  10. 並んでいるディレクトリの下くらいにダウンロードしたACSをドラッグ&ドロップします。

以上でACSをサーバに転送できました。

 

引き続きサーバ設定を行います

SSHは再起動のときに閉じてしまったと思うので、再度起動してサーバにログインします。手順は割愛します。

 

ODBC(IBM i Access)のインストール

ルートに変身します(パスワード要)

systemユーザのホームディレクトリに移動(centuser私の場合です)

ACSの圧縮ファイルがアップされているか確認します。lsはListFiles(ファイル一覧の照会)の意味です。

 

FTPでアップしたACSのファイルを/root直下に移動します。mvはmoveの意味です。

/root直下に移動します

iaccessというディレクトリを作り、その中にACSファイルを解凍します。

作成したiaccessディレクトリ内のx86_64ディレクトリ内に移動

x86_64.rpmのファイルがあるか確認

IBM iaccessドライバーをインストール(バージョンが替わってるかもしれないので、確認したファイルを指定すること)

 

これでインストールが完了しました。

 

AS400と意思疎通をする

続いてODBCの設定を行います。インストールしたら/opt直下にibmディレクトリができます。

 

出来たディレクトリの中、/opt/ibm/iaccess/binに移動します。

AS400にPingを飛ばして疎通確認をする。

 

うまくいけば、「正常に接続できました」が9行くらいでるはずです。

 

ODBCの設定を行う

まずODBCの設定ファイルがどこにあるか確認します。一覧のDRIVERSのパスを↓のコマンドに打ちます。

設定ファイルの中を確認します。今回編集はしないのでVimではなくcatコマンドを使います。

 

おそらく
[PostreSQL]
[MySQL]
[IBM i Access ODBC Driver]
[IBM i Access ODBC Driver 64-bit]

というODBCドライバーの一覧が出てくると思います。

この名前でドライバー名を指定することになるので、[IBM i Access ODBC Driver 64-bit]という文字を覚えておきます。

 

名前解決(名前とIPアドレスを関連づける)できるように、hostsファイルに登録しておきます。??はAS400のIPアドレスを入れて下さい。

 

次にODBCの設定ファイルを作ります。

内容は下記を入力して、:wqで保存します。

これでODBC設定は完了です。

 

AS400のデータを取得できるかテストします

簡易SQL機能を使います。ユーザー名とパスワードはもちろんAS400のログイン情報です。

Connected!と出れば接続成功です。次は何か物理ファイルのデータを引っ張ってみます。

 

ライブラリと物理ファイル名は適当なものを選んでください。AS400ではライブラリとファイルの間はスラッシュで区切りますが、SQLではピリオドになります。

またSQL文はセミコロンで閉じるのですが、ここでは不要です。

文字化けしていても構いません。指定したファイルのレコードらしきものが表示されれば成功です。

 

用は済んだので、SQLを閉じます。

 

続いてHTTPサーバ(Apache)とPHPをインストール入れていきます。

さっきからvsftpdやi accessのときにyum installという命令を使っていますが、CentOSはこれでアプリケーションをインストールします。

正確にいうと補足が多くなって解りにくいので誤解を恐れず申し上げますと、yum install vsftpdとするとFTPサーバソフトがインストールできるのですが、そのデータをどこから取得しているのかというと、リポジトリという場所から取っています。Windowsならネットで探してダウンロードしてインストールとかしますが、Linuxの場合はコマンドで指定する格好になります。

もちろんリポジトリはインターネット上なので、http://〇〇〇〇というアドレスがあります。

その場所はベースリポジトリといい、デフォルトのリポジトリとしてCentOS内にある某ファイルで管理しています。

 

しかし今回使おうとしているLaravel(バージョン5.6)はそのベースリポジトリに保管されているPHPのバージョンでは合わないのです。

ベースリポジトリのPHPのバーションは5.4です。Laravel5.6で必要なPHPのバージョンは7.2以上が必要です(現時点)

 

なので別のremiというリポジトリを利用できるようにしなければなりません。

 

最初にEPELというのを入れます。これが無いとremiは使えません。

 

次にremiを入れます。これはyumではなくrpmでアドレスを指定して入れます。

 

インストールPHPとHTTPDをインストールします。

これでPHPとHTTPD(Apache)がインストールできます。

 

あとPHPでPDOやODBCや日本語文字を使えるようにするなど、追加機能(モジュール)を追加する必要があります。

これでOKです。

 

HTTPサーバを起動します

いよいよHTTPサーバを起動します。

 

といっても操作は簡単。

次にサーバを再起動しても自動的にHTTPサーバが起動するようにします。スタートアップみたいなものです。

 

自席のパソコンからサーバにアクセスしてみましょう。

SSHではなくブラウザからするのです。http://サーバのIPアドレスにアクセスします。

 

こんな画面が出たら成功です。

 

 

PHPプログラムを入れてテストします

最後にPHPプログラムを入れてテストします。

 

一番最初にやったフラットなPHP編にでてくるコードを載せてみます。

AS400を 無料で Web化 GUI化 オープン化 フラットなPHP編

index.phpという名前で保存していると思いますが、それをご用意ください。

 

新しいドキュメントルート用の場所を作ります

HTTPサーバを入れた現在のドキュメントルートは/var/www/htmlになっているはずです。

今回はこの中にsystemというフォルダを作ってそこをドキュメントルートに変更します。

 

個人的メモ↓(無視してください)

var 755 root
www 755 root
html 755 root

 

現在のドキュメントルートに移動します

ディレクトリを作ります(Linuxではフォルダのことをディレクトリと言います)名前はなんでも構いません。

所有者と所有グループをcentuser(一般ユーザにします)

 

ドキュメントルートを変更します

またVimの登場です。今までもそうですが今回はHTTPサーバのconfigを触るので注意してください。一文字でも違えば動かなくなります。

 

Apacheの設定ファイルのある場所に移動します

ls (list files)でhttpd.confというファイルが確認できるはずです。これが設定ファイルになります。

一応バックアップを取っておきます。httpd_old.confという名前でコピーします。

お待たせしました。Vimの登場です。

 

119行目くらいにあるDocumentRootを/var/www/html/systemに変更します

 

164行目くらいにあるDirectoryIndexの箇所にindex.phpを追加します。

 

とりあえず変更はこれだけです。:wqで保存してVimを終了します。

 

HTTPサーバを再起動します

サーバ本体の再起動ではありません。HTTPサーバソフトの再起動です。

先ほど行ったDocumentRootやDirectoryIndexの変更は、再起動しないと設定が定着しません。

 

HTTPサーバソフトの再起動

 

コマンド入力後に何も表示されなければOK。エラーが出た場合は、configファイルの設定が間違っているので確認してください。

 

 

index.phpをサーバに転送します

自席PCからFTTTPソフトを使ってコードをサーバに転送します。

 

FFFTPを起動し、ログインするとこんな感じだと思います。

左が自席PCのProgramFilesのなかで、右がサーバのhome/centuserの中を見ている感じです。

それをサーバの/var/www/html/systemのなかに入れます。

現在は/home/centuserの中を見ているので、そこまで移動してドラッグ&ドロップして下さい。GUIなので説明不要ですよね。

 

きちんと画面が表示されるか確認する

ふたたび http://サーバのIPアドレス にアクセスします。

 

物理ファイルの内容が表示されればOKです。

ひとまず完成です。

お疲れさまでした。

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-AS400, IT備忘録, PHP, サーバ構築
-, , , ,

執筆者:


comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

関連記事

AS400からデータを取得 ExcelVBA カラム名COLHDG取得編

注意 これは私の環境下における私の備忘録です。お使いの環境によっては内容が異なる場合があります。システム管理者でない方は絶対にやらないでください。システムにはログが残るものなので、万が一があればクビに …

Laravel DBクラスのSQLで1件だけ取り出したい場合

Laravelを使いだして、はや数ヶ月たらず。   青本を勉強して、MVCモデルにのっとり、モデルでテーブルを定義して、コントローラーでモデルを呼び出し、そのテーブル情報をビューに受け渡しつ …

Laravel-Excelで文字化けするので文字コードを変換する

Laravel-Excelというのを見つけたので使ってみたのだが、いかんせんAS400だと色々と面倒くさい。   AS400はEBCDICという文字コードらしく、そこからODBCかPDOで引 …

AS400を 無料で Web化 GUI化 オープン化 PHP/Laravel設定編 2/2

注意 これは私の環境下における私の備忘録です。お使いの環境によっては内容が異なる場合があります。私は何も責任を負いませんのでご了承のうえご覧ください。     前置き 設定編1/2 …

AS400を 無料でWeb化 GUI化 オープン化 Linuxサーバ構築編 1/3

とりあえず前回の回までで、XAMPP環境でAS400のGUI化を構築して運用する手順は完成しました。 AS400を 無料でWeb化 GUI化 オープン化 PHP/Laravel開発編   し …