食べ物のこと

行徳 中国料理 独一処餃子に行ってきた

投稿日:2018年4月16日 更新日:

今日行ったのは独一処餃子行徳店だ。とくいつしょと読む。

 

独一処、ここだけでしか食べられない餃子という意味のようだ。

 

名前からしてチェーン店かなと思って記事は敬遠していたのだが、実は葛西店と行徳店にしかないようなのでレポしてみる。

 

実は前にも一度来たのだが、餃子は美味しいけど他の印象が薄い感じだったので疎遠になっていた。

 

今回も同じ印象を受けたが、1つ気づきとなったことがあるので、私の備忘録として記事を残しておく。

 

 

 

場所は行徳駅のガード下を数十メートル西側に進むと見える。

 

これがそう。店構えからして本格的な中国料理屋さんだ。中国本場手作りの味だそうだ。

 

 

入口には狛犬(こまいぬ)の石像が置いてある。これって完全に沖縄のシーサーだよね。もちろんこっちがオリジナルなんだろうけど。

 

 

店内には中国文化が満載だ。というか店員さんは全部中国語。本場の味なはずだ。水槽の下に子供用の椅子があることから家族連れも多いようだ。

 

 

よくある貴富開花の絵。右から読むのか。花が開くと・・なんだろう。

 

 

壁にもおすすめ料理や今週のサービス料理が貼ってあり、なかなか工夫の跡が見られる。中国酒にも惹かれる。

 

 

18:00頃に入ったのだがすでに残り1席という状態。予約席をする人もいるみたいで大繁盛のようだ。

 

 

テーブルも調味料も清潔感があって良い。店内も明るく活気よく繁盛して当たり前な感じがする。

 

 

さてメニューだが、いつもは何枚か写真を撮るのだが、ご覧の通りめちゃくちゃぶ厚いので止めた。楽譜か。

 

 

注文したものは、

私 餃子、牛肉野菜あんかけ麺
嫁 餃子、ホルモン拉麺
メグ あんかけ焼きそば
ケイ 餃子、特製チャーハン

メグはダイエット中のようなので、私の餃子を分けてやることにした。ダイエットになってないww

 

 

餃子がきた。まぁ独一処餃子だから、餃子を食べないと来た意味ないよねということで。

 

 

皮がぶ厚いな。1つ1つがずんぐりしており、食べ応えがありそうだ。

 

 

うーむ旨い。まるで小籠包かと思うくらい汁がボタボタボタと落ちる。ケイちゃんが知らずに食べて机の上を大洪水にしてしまった。洪水を起こすなら口の中でやってほし。

 

 

メグちゃんのあんかけ焼きそば。食べてないのでコメントできないが、見ただけで100%美味しいのがわかる。

 

 

嫁のホルモン拉麺。中国ではホルモンはポピュラーなのかな。一口もらったがピリ辛でシャキシャキねぎがたくさん入っていてとても美味しい。

 

 

私の牛肉野菜あんかけ麺。この手の拉麺は美味しいに決まっている。

 

 

期待して麺をすするが、うん?ちょっと変わった味。なんだろうこの風味は。よくわからないが老酒のような複雑な味。

 

 

この肉が風味の原因かも。なのに肉はゴロゴロ入っている。私にはちょっと苦手かも・・。チンゲン菜がシャキシャキでよい。

 

 

ケイちゃんの特製チャーハン。ゴロチャーが入っているわけでもなく、何が特製なのか見た目からは判らないが、美味しかったらしい。

 

 

今回も印象は薄かったなぁ。繁盛具合からして絶対に美味しいはずなんだけどなぁ。料理の選択ミスかな。餃子は美味しいのだけどなぁ。

 

 

というか、化学調味料(旨味調味料)をあまり入れてないのかもしれない。

 

日本の中華料理屋さんはガンガン調味料を入れるから、確かに旨いのだが、それに慣れすぎて我々の舌がバカになっているのかもしれない。

 

もしかしたら、日本の中華料理を本場の中国人が食べたら、日本人大丈夫ですか?って言われるのかも。

 

よく味わって食べてみると、味的にはこちらの店の料理の方が自然であり、毎日食べられる味だ。

 

 

お会計はこんな感じ。ちょっと高いかな。

 

 

しかし、あのジューシーな餃子でビールを飲んだら最高に美味しいだろうな。

 

満足感が足りない理由はビールを飲まなかったことが原因かも・・。

 

熱いのが苦手でない人は、是非餃子を食べるとき口に頬張って一口で食べてほしい。

 

この店は料理の数も餃子の種類も半端ないので、一回の来店ではこの店の真価は語れないのかもしれない。

 

大繁盛しているのは間違いないので一度行ってみてほしい。その際、多少の待ち時間は覚悟しておいてほしい。

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-食べ物のこと
-, , ,

執筆者:


comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

関連記事

妙典の誇り 中国ラーメン 華風伝

ブログのネタが無いので、いよいよ秘密兵器を出すことにする。   誇りシリーズの妙典版だ。   誇りシリーズとは、その店がなければその地域の魅力は半減し、地価もグンと下がるほどの、地 …

東京亀戸 1キロおにぎり キッチンDIVE で弁当を買ってきた

少し前に聞いた話なんだが、東京の亀戸にキッチンDIVEという恐ろしくコスパの高い弁当屋さんがあるらしいのだ。     噂に聞くと弁当が200円だとか、1kgの弁当が500円そこらだ …

行徳 旬鮮華なか家に行ってみた

今日は前から気になっていたお店に行ってみようと思う。     西友行徳や行徳図書館から南下したところにあるお店、旬鮮華「なか家」である。なか家と書いてなかやと読むらしい。 &nbs …

行徳 ケバブのお店 その名も KEBAB HOUSE

行徳駅から徒歩2分ほど。以前から気になるケバブのお店がある。   そこは怪しい雰囲気なお店の上、近づくとインド系のおじさんに「ケバブ美味しいよ」と声をかけられるのだ。   本当に美 …

南行徳 豚豚屋 韓国家庭料理 焼肉 サムギョプサル酒場

ああ・・サムギョプサルが食べたい。   サムギョプサルとは、豚バラ肉の厚切り、青唐辛子、ニンニク、味噌を一緒にチシャ菜とエゴマの葉にくるんで食べるという料理のようだ。   私が新入 …