Excel VBA おすすめアイテム

残業を無くしたい人に伝えたいExcelVBAの存在 エクセルプログラミング

投稿日:2017年11月20日 更新日:

簡単に自己紹介から

現在私は会社のIT部門でプログラムを書く仕事をやっていますが、約4年前は広島で営業補佐の仕事をやっていました。要するに事務職ですね。

 

広島というと地方になるのですが、地方の仕事は過酷です。都会と違って分業が完全ではないので、何でも自分でやらなければなりません。

 

営業の人は夕刻に外回りが終わって会社に帰ってくると、倉庫から出荷業務が間に合わないので手伝ってくれと言われ、ほぼ毎日ヘルプに入ります。それが終わってやれやれと自分の机に向かう訳ですが、机の上にはお客さんから届いた見積や注文などの各種依頼が山積しています。すでに21:00頃。朝早くから営業・荷造り・配送・見積・請求・集金など、地方の営業の人達は気の毒なくらい大変です。

 

「なんで営業補佐のお前が営業の仕事を手伝ってあげないんだ?」と思われるかもしませんが、冗談じゃありません。私は逆に営業より遅い時間まで仕事してます。上の連中は、女性にもっと仕事を振って外に出ろとか、女性に見積もりもさせろとか営業に激を飛ばしていますが、「Fuck You・・ぶち〇すぞ・・〇ミめら・・」(by利根川)と思います。私も女性も倉庫も休む暇なく働いてるのです。

 

もちろん土日もサービス残業です。残業代もほぼ出ません。もうね、社員一丸でやらないと仕事的にも経費的にも回らない環境だったので、奉仕の精神が当たり前でしたね。それはそれで一致団結感があって好きでしたけど、心身ともに大変ですし組織としては異常だと思います。

 

こうなってくると企業側は環境改善の自助努力をするべきなのですが、普通の会社はまずやってくれません。人を増やすと経費がかかるので、社員が倒れたり死人が出ないとやってくれないと思います。

 

もっと厳しい環境もあると思いますが、みなさんの職場はいかがでしょうか。

 

 

もっと機械に仕事をさせよう

みなさんエクセルは使ったことがあるでしょうか。今や企業や官公庁、学校、家庭でも書類作成には必須のツールです。他にも営業分析や会議資料やアプリ作成など、エクセルは多種多様な場所で重宝されています。

 

学生さんはあまりご存じないと思いますが、会社ではエクセルはバシバシ使いますよ。使わない日はありません。

 

そしてそのエクセルを使って仕事をするというのは、「人がコンピュータを使って仕事をする」ということなのですが、これがプログラミングを覚えると、「コンピュータに仕事をさせる」ことができるようになります。

 

実はエクセルで行う、操作の1つ1つプログラムで書くことでもできるのです。

 

操作とは、枠に文字を入力したり・行や列の幅を広げたり・文字の大きさを替えたり・セルの背景色を替えたり・印刷したり、まだまだありますが、みなさんがされるほとんどの操作だと思ってください。

 

例えば、セルのA1に「ありがとう」と入力するプログラムは、

Range(“A1”).value = “ありがとう”

になります。

 

このプログラムは一度書けば、録画したものを再生するがごとく何回でも実行可能です。

 

なので、定期的に行っている操作があれば、あらかじめその作業内容をプログラム化しておけば、かなりの手間が削減されるということです。

 

人間が手作業でやると丸3日かかる仕事が、10分で出来るなんてザラにあります。機械は人間と違ってめちゃくちゃ早いのです。

 

 

プログラミング使いは、魔法使いです

残業を解決する方法の1つとして、プログラミングによる自動化がたいへん効果的であると私は思っています。

 

最近はプログラミング教育が盛んらしく、子供たちにプログラミングを教えようだとか、小学校から授業に取り入れようだとか言われています。

 

それだけプログラミングが注目を浴びているのです。

 

プログラミングといえばC言語とかJavaとかRubyとか聞くと思いますが、そんなものを覚えても一般人には何の役にも立ちません。

 

覚えるならエクセルプログラミング、これ一本で十分です。残業に縁のない人でも、プログラミングを覚えれば周囲からの見る目も大きく向上します。

 

 

そういわれても・・・

そうまくし立てられても、実物を見てみないと解らないものです。

 

魔法使いになるには修行が必要です。でもどんな能力が得られるのか判らないで修行をする人はいませんよね。

 

なので動画を作ってみました。下記は動画の1つめです。5分程度で概要を説明していますので、よろしければご覧下さい。

 

2つ目の動画です。実際にプログラムを書いている動画です。私のうっかりミスで発生したバグもあり、プログラマー気分を味わえます。

 

入門書について

動画はいかがでしたでしょうか。ちょっと難しい例でやりましたが、もっと簡単なこともできます。

 

要するに、毎日毎日手作業で同じことをしているのなら、前もってプログラム化しておきましょうということです。本当に一瞬で終わるので、一度これを体験したら毎回やることがバカみたいに感じるようになります。

 

このVBA書籍や教則本は、今や本屋さんに山ほど置いてあります。

 

こんな感じです。右下に、たった1秒で仕事が片付くExcel自動化の教科書ってありますね。簡単なことなら本当に1秒で片付きます。

 

 

ど真ん中にExcelVBAを極めるという分厚い本。その他エクセル自体の教則本もたくさんあります。

 

 

できる・かんたんシリーズにもVBAがあります。エクセルの基礎的な操作が出来ない人はVBAより先にそちらを学びましょう。

 

 

どれだけVBAが注目を浴びているかお解りいただけましたでしょうか。

 

 

VBAのことは会社や書店で気になっていたけど・・・って人はこのブログとの出会いに運命を感じて、すぐ本屋さんにダッシュしましょう!

 

そして、エクセルプログラミングも、プログラミング言語の1つです。これを習得すると、今までプログラミングにまったく無縁な人も、プログラミング言語の1つを習得したことになります。今年が飛躍の年になること間違いなしです。人生が変わります。

 

いちおう私のおススメ書籍を下記に書いておきます。ご参考になさってください。

 

 

第一段階 入門者のExcelVBA 立山秀利著

私が最初に手に取った本です。皆さんはマクロの記録ってご存じでしょうか。実はエクセルにはビデオの録画のように録画ボタン(正確には記録ボタン)というのがあります。その録画ボタンを押すと、ビデオの場合は映像や音が録画されるのですが、エクセルの場合は作業を録画します。録画中どんな作業をしたのかを記録するのです。そしてその録画した内容は再生ボタンにより、記録した動きが忠実に再現されるのです。同じ操作をすることがあれば、それを録画しておけばいいのですから。それだけでも魔法のようです。私はVBAを覚えるまでマクロの記録を使っていました。本書はそのマクロの記録から入る魔法使いへの入口です。自動化への道しるべと言えるでしょう。小冊子なので見開きにしにくいですが、とても解りやすい内容です。入門書としてもオススメです。VBAを使う上での用語もほとんど理解できるはずです。

入門者に一番大事なことは、ハードルを上げ過ぎて挫けないこと。これはまさに入門として相応しいと考えます。

 

 

 

 

第二段階 ExcelVBAのプログラミングのツボとコツがゼッタイにわかる本 立山秀利著

もちろんこれも買いました。入門者のExcelVBAと同じ、立山秀利さんの著書です。別に回し者ではありません。第一段階の書の復習も兼ねて、そしてさらに深く基本操作を学べるはずです。

 

 

 

 

 

 

最終段階 ExcelVBAプログラミング ユーザーフォーム&コントロール 横山達大著

もちろんこれも買いました。はっきり言ってこれを最後まで終えると、もう何でも出来るレベルです。会社内でも重宝されること間違いなしです。同僚には内緒でこれでこっそり腕を磨きましょう。

 

 

 

 

 

 

実用段階 ExcelVBA 逆引き辞典 パーフェクト

私が持っている本は古いですが、これも持っています。自分がVBAでやりたいことを逆引きで調べられる辞典です。セルの色を替えたい⇒VBAでこう書けばいいですよ、という内容です。最近はググった方が早いかもしれませんが、1冊あると重宝します。また、この作者の田中亨という人は面識はありませんが、VBAの講義もされているVBAの達人です。とてもマニアックな人なので内容もマニアックです。でもやりたいことを最短ルートで実現できるとても研究された本だと思います。

 

 

最後に

逆に脅すようですが、小学校でプログラミングの授業が必須になるということは、あと数年経って入社してくる新入社員はみんなプログラミングが出来るということになります。

 

怖いですね。人工知能が仕事を奪うことも大変ですが、30歳以降の人にとっては結構な脅威です。思い立ったが吉日、自分の仕事に少しでも役に立つと思ったら、早々に始めた方がいいかもしれまん。

 

一家に一台プログラマーの時代です。VBAを始めるに当たって何かご質問等がございましたら、メールでもコメント欄にでもご連絡いただければ、なるべく回答させていただきます。

 

肝心のVBAの授業はこのブログではやりません。それは書籍や教則本やセミナーや動画授業にお任せします。

 

私のブログは「なんで勉強するの?」なので、VBAをなんで勉強するのかを伝える記事に留めておきますのでご了承ください(リクエストがあればやるかもしれません)

 

以上です。ここまで読んでくださってありがとうございます!

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-Excel VBA, おすすめアイテム
-, , , , , , ,

執筆者:


comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

関連記事

親戚から鬼くるみをもらったのだが硬すぎ 和くるみ割り器を購入した

先日嫁の実家である岡山に帰省したときに、クルミをもらって帰ったのだ。     こんだけ。量はそれほどないのだが、家の庭にできたらしい、純日本産のクルミだ。   &nbsp …

至高のキーボード リアルフォースについて書くよ

キーボードなんてみんな一緒だと思っている人はいないだろうが、これを使うとさすがにここまで違うとは・・と思うだろう。       これも使って3年経過するが、もう戻れない。 …

口内炎が治らない 痩せる薬 難消化性デキストリン

痩せ薬と呼ばれる、難消化性デキストリン。最近はすっかりご無沙汰です。     この粉状の物質。飲むと糖などの吸収を抑えてくれるそうだ。私の場合は結構痩せました。   &n …

プラクリン歯ブラシが大絶賛される

会社の健康保険組合で、薬などを安く買える制度があるのですが、そこで見つけた歯ブラシ。もう4年以上愛用している。   PLAQLEAN プラクリン 歯ブラシ     メーカ …

職場のみんなで、活蔘(カツジン)28を大人買い。

はい、また最強ドラッグ活蔘(カツジン)のネタです。       活蔘とはユンケルやリポビタンDのような栄養ドリンクのことだが、       …