食べ物のこと

築地で寿司、月島でもんじゃのダブルヘッダーと思ったけど

投稿日:2017年7月4日 更新日:

ああ、喰った喰った。食い過ぎだ。

 

 

昼間からビール2杯はやり過ぎたな。だって寿司の写真撮るのにビールを添えないとダメでしょ。だからもう一杯頼んだんだ。

 

 

で、晩飯に月島でもんじゃでも食べようという予定だったんだが、すでに時間は14:30頃。やはりスタートが遅れたのが堪えたな。

 

 

もう喰えん。しかしメグちゃんはもんじゃ焼きをネタに連れ出したもんだから、食べない訳にはいかない。

 

 

 

だから買ってきた。月島もんじゃ焼き材料セット。ブルドッグソースの素だ。

 

 

 

本当はまったくお腹が空いていないから勘弁してほしいんだが、メグは食べるっていうから仕方がない。

 

 

 

材料は素とキャベツと水だけ。今回はたらことネギとチーズを追加投入した。ボウルで混ぜたのち、まず具だけをホットプレートで焼く。

 

 

野菜といってもキャベツだけだが、シナシナになるまで炒める。いい匂いだ。

 

 

出来たタネを真ん中に集めてから、真ん中をくりぬく。これがいわゆる土手だ。

 

 

中央におもむろに残った汁を半分だけ投入する。そして数分ほど待つ。

 

 

そして、残り半分の汁を投入する。土手が決壊しないか心配したが大丈夫だった。さすが分量通りだ。

 

 

なんとなく判るだろうか。汁がグツグツいって下記のようにやや透明になったらOK。全体を混ぜ合わせる。

 

 

 

混ぜ合わせてプレート全体に広げていく。この辺からビジュアルがヤバくなっていき、そして閲覧注意モードへ。

 

 

うーん。こち亀の両さんが言っていたのを思い出す。「もんじゃを食べるときはゲ〇の話はするなよ」まさにそんな感じだ。

 

 

食事中の人すみません!ってこっちも食事中じゃい!というかこれが食事です!このまま3分ほど焼いたら完成~。

 

 

こんな感じでスプーンでこそぎ取ってオコゲになっていればOK。

 

 

これくらいの焦げ具合が一番良い。今日の晩飯はこれだけ。大阪人は粉もんにご飯が必要だが、今回はいいや。

 

 

3分と書いてあったが、キッチリ焦がした方が美味しいので、もっと焼いたほうがいいかも。見た目的にもね。

 

 

見た目というと、栃木の郷土料理に「しもつかれ」というものがあるが、そっちの方が見た目は強烈だ。

 

 

もんじゃ焼きの文化って全国じゃないから、知らない人向けにアップしてみました。水が無かったらお好み焼きだよね。水いらないよね・・。

 

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-食べ物のこと
-, , ,

執筆者:


comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

関連記事

広島 ばくだん屋 山椒汁なし担々麺を食べてみた

会社の出張中の話で恐縮だが、広島に行ってきたので1軒レポすることにする。   我が家は広島に8年以上住んでいたこともあり、広島をレポすることもできるのだ。ふははは。   しかも外食 …

行徳 ステーキ屋たかはし に行ってみた

以前ブログに書いた、歯医者さんの口コミで行ったはずの店は全くの勘違いで、実は「ステーキ屋たかはし」さんでした。大変失礼をいたしました。   「肉の村山」もブログに書いたとおり一定の収穫はあっ …

行徳の誇り 本格焼肉栄に行ってみた

大変長らくお待たせしました。というか遅くなってごめんなさい。   誇りシリーズとして、いの一番にご紹介しなければいけなかったこの店をようやく取り上げることができました。   それは …

妙典の誇り 中国ラーメン 華風伝

ブログのネタが無いので、いよいよ秘密兵器を出すことにする。   誇りシリーズの妙典版だ。   誇りシリーズとは、その店がなければその地域の魅力は半減し、地価もグンと下がるほどの、地 …

東京亀戸 1キロおにぎり キッチンDIVE で弁当を買ってきた

少し前に聞いた話なんだが、東京の亀戸にキッチンDIVEという恐ろしくコスパの高い弁当屋さんがあるらしいのだ。   噂に聞くと弁当が200円だとか、1kgの弁当が500円そこらだとか、3kgの …