潮干狩りや釣り

江戸川放水路 アナジャコ釣り簡単じゃん。コツ掴んだよ。

投稿日:2017年6月12日 更新日:

やはり前回が最後の潮干狩りにはならなかった。申し訳ない。

 

 

なぜなら6/11(日)は12:20、-3cmというありえないカリカリの干潮だからだ。

 

 

子供は受験勉強、嫁は漢検一級の勉強、私は自給自足のため別行動で江戸川放水路に来た。

 

 

いるいる。老若男女。とりあえずホンビノスカーニバルで死ぬほどホンビノス貝を取ってからアナジャコにチャレンジしてみるかと試みる。

 

 

前回を反省して、今日は長靴着用。さすがにサンダルはマズかったよな。

 

 

道具を紹介しよう。広島で買ったものだ。広島では地御前に何回も行ったよ。懐かしいなぁ。それはいいとして道具はこの形が掘りやすい。

 

 

ダメなのはコレ。千葉近郊ではこのタイプを使っている人が非常に多いのだが、凄く掘りにくい。先がかなり鋭利でないと土をかき分けられないのだ。必死に掘っているのを見るとよくやるなと思う。

 

 

はっきり言って100円ショップに売ってるコレ、草刈り用のカマ。これで十分だ。土に食い込みサクサク掘れる。お近くのキャンドゥに売ってるぜ。

 

 

温かくなってきたからか以前に比べて海岸線にいつもより人が多い。ガンガン掘るぜ~。

 

 

と思ったけど、あんまりおらん。前回はホンビノス祭りだったのに。まさに「祭りのあと」だ。周りをみると会話は日本語じゃない異国の言葉ばかり。やはり外国人の爆潮干狩りが多いのか。

 

 

10分くらい掘っていると、海の中にいるおばちゃんが、「もう無理~、危ない」とか言って陸に上がってきた。もう無理?危ない?確かに潮が満ちてきているようだ。なぜだ。干潮時刻にはまだ早いはずだが。

 

 

おばちゃんがホンビノス貝をどっさり網に入れて、ニコニコして上がってきた。気さくな方で話しかけてくれた。もう68歳らしいがもっと若く見える。とても元気そうだ。でももう歳だから流れが急だと危ないそうだ。

 

 

 

雑談のなか、ホンビノス貝の食べ方を聞くと、特にダシが美味しいそうだ。一晩砂抜きしたら、何でもいけるし、うどんに入れてもいいみたい。勉強になります。

 

 

 

違っていたら申し訳ないが、話を聞いているとこのおばちゃん、なんか中国人が日本語喋ってるみたい。イントネーションが少し違和感がある。ま、関係ないか。これだけニコニコして今日は大量だと喜んでいるのに、日本人も中国人も関係ない。笑顔は万国共通だ。

 

 

 

ただ衣装ケースいっぱいに獲って帰る人は規制しろよと思うけどね。

 

 

 

あと、カキを取ってる人。びっくりしたよ。あの梅酒をつける瓶ってあるでしょ、デッカイの。あれにむき身を満タン入れている人がいたよ。満タンだよ。マジで。そこらのカキをせっせせっせと剥いてさ。一生懸命がんばってるのは認めるけど、ありゃ~やりすぎだよな。怒られたら嫌なので写真は撮らなかったけど、度が過ぎるのは問題だよね。

 

 

 

これが釣果。小さいのはアサリだが、奇跡的にすこしだけいた。この辺はアサリはほとんど取れない。アサリを取るならはもっと海側だ。

 

 

前置きは長くなったが、アナジャコだ。取り方は筆をそれらしい穴の中に入れてホジホジする。

 

 

一発で取れた。しかも完全にコツをつかんだ。テンション超上がった。そのため写真はほとんど撮ってない。道具の説明から入ったのもそのせいだ(笑)

 

 

 

写真がない代わりと言ってはなんですが、釣り方のコツを動画にしてみました。


コツは1つだけ。アナジャコの爪を筆の毛ごと掴む。これだけです。詳しくは動画で説明してますが、アナジャコは臆病なうえに目が見えるらしいので、アナジャコに「我々の姿を見せないこと」これにつきると思います。

 

 

これが取れたアナジャコ君3匹。超ラブリー。子供にも見せたが、歩かせたりして遊んでいた。

 

 

たった3匹のくせにコツをつかんだとか言ってんじゃねーよと思われるかもしれないが、言い訳をさせてくれ。私が到着した時にはもう潮が満ちて来だしたのだ。だから取るにも穴が無いのだ。ネットで見る潮見表。場所的に江戸川は市川のはずだが、なんか毎回毎回来るたんびに、タイミングが遅い感じがしていたんだよな。今度はもう少し早く行こう。っていうかガセ情報かあれは。

 

 

ちなみに、あの場所は陸側はカニやオキシジミのゾーン。穴も完全にカニの穴かオキシジミの呼吸穴だ。そして川側がホンビノスやアナジャコゾーンだ。だから潮が満ちて来ると一般人は何も取れなくなる。あと、アナジャコはもっと海側の方がいいかもしれない。

 

 

さて、片栗粉をつけます。生きていますが、もうこの頃は暴れる様子もなく観念した感じ。水をよくふき取らないと油が跳ねます。

 

 

カラッと揚がりました。娘が「生きたまま揚げられちゃったのね」と可哀そうに言ってました。これが命を頂くということなんです。合掌。しかしその気持ちはいつまでも忘れないでほしい。

 

 

実食。かなりピンボケ画像で申し訳ない。味は超ウマいから許してくれ。3匹じゃ足らない。酒のアテに15匹は欲しいところだ。

 

 

後日アナジャコ釣りの動画が取れましたのでよろしければ実践編

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-潮干狩りや釣り
-, , , , , , ,

執筆者:


  1. […] ちなみにアナジャコは後日成功したのでこちらの記事を見てほしい。 […]

comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

関連記事

江戸川放水路でホンビノスカーニバルやってたよ。

さぁ週末だ。潮干狩りだ。今日の干潮は12:09なんと-1cm。       貝毒やらアニサキスやら言われるようになってきましたので、名残り惜しいが今年最後の潮干狩りに行こ …

江戸川放水路 早朝4:00からアナジャコチャレンジだ。潮干狩りタイムだぜ。

やばい。止まんねぇな。潮干狩り。     2週間前に最後の潮干狩りだと言っていたが、逆に回数は増すばかり。     面白いというか、なんつーか、やっぱりタダで喰 …

江戸川放水路でアサリとマテ貝を捕る

江戸川放水路に潮干狩りに行ってきました。   目標はマテ貝・アサリ・アナジャコです。   本日の干潮時刻は13:25で19cmという、まずまずの状況。   今日は嫁も子供 …

江戸川放水路 アナジャコ釣りのコツ 実践編

やれやれ。やっと週末だ。待ち遠しかったぜ。     潮干狩りやらブログやら動画やらをやっているとすごく充実した週末を送れるが、逆に平日は充実感が何もなくスカスカだ。   …

江戸川放水路 マテ貝の復習 潮干狩り

もうどうにも止まらない。潮干狩りのお時間です。     といっても毎週行くわけではない。だいたい2週間に一度、いい潮がくるのでその時に行く。     まさに今週 …