食べ物のこと

成田はうなぎが名物。うなぎ新川にて

投稿日:2017年5月29日 更新日:

成田に来たら、ウナギを喰わねば。

 

本日は、ウナギを食べるついでに入試説明会に行ってきました。

 

ここ成田空港で有名な成田市はうなぎが名物なのです。

 

なぜ有名なのかは知らないが、おそらく成田市の北に流れている利根川でうなぎが獲れるのだろう。利根川の下りうなぎが有名だと寿司マンガ「江戸前寿司職人きららの仕事」で見たことがある。将太の寿司ではない。

 

そのためか、成田山新勝寺の参拝道には土産物屋と一緒に、うなぎ屋もたくさん並んでいる。

 

なぜうなぎが名物だと知っているのかというと、以前関連会社の社長からシステム相談を受けて成田に行ったとき、うなぎをご馳走になったことがあるんだ。

 

連れて行ってもらったのはうなぎ新川という所。京成成田駅から車でかなり行ったところだったが、実はその支店が近くにあるそうだ。ここは養殖をしており美味しいウナギがリーズナブルな価格で食べられるそうだ。

 

いつか嫁にも食べさせてやりたいと思って、今回入試説明会に行く機会に食べに行こうと計画していた。

 

 

京成成田駅から徒歩10分ほど、イオンタウン成田富里店。ショッピングモールというより、スーパーに毛の生えた程度の店だがこの中にある。

 

 

2Fに上がりずんずん進むとある。ここだ、うなぎ新川。もうすでにいい匂いと5組ほどの行列が。とりあえず最後尾に並ぶ。(写真は帰り際に撮ったものです)

 

 

並んだあと、あれ?名前書かなくていいのかなと思い、嫁に見に行ってもらったら、やはりあった。名前を書く。知らずに並んでいたら大変なことになっていた。ちなみに、注文する品も書くそうだ。

 

 

メニューを見てみる。もう注文は決まってるけどな。もちろん新川重だ。わざわざここまで来て500円を惜しむ必要はないだろう。以前ごちそうになった時もそれをいただいた。ウナギは英語でEelと言う。

 

 

お、肝焼きも行っとくか。それもチョイス。うざくとは、鰻とキュウリの酢の物だそうだ。う巻きはご存じ鰻入りの卵焼きだ。

 

 

紙に書いてふと見ると、前の組も同じ2人でハマダ様。しかも頼んだものも同じ、新川重x2と肝焼きx2だ。麻雀でいうと点数も同じダブロンを喰らった気分だ。

 

こりゃあどうしたものか。間違って2つ書いたなんて思われて予約が取れてなかったら困る。なのでこちらはフルネームで対抗する

 

案の定、店員さんに呼ばれたときはどちらか戸惑ってしまったが、先のハマダ様がまだいたので「むこうの方では?」と言ってあげることができた。ちゃんと気付いてよかった。

 

トラブルは気配りすることで避けることができるのだ。

 

と思ったら、ウチらの前にならんだお一人様がまだ呼ばれていなくて予約表の前で戸惑っていた。トラブル発生だ。話を聞いていると何語だろうか外国の方だ。お顔からして韓国の方だろうか。

 

 

たぶん紙を書くの知らないんだろうなと思い、店員さんに「この人ずっと待ってましたよ。外人さんだから書くの知らないのだと思いますよ」と言ってあげた。

 

しかし店員さんは「それはお気の毒ですね」と言っただけで、割り込ませなかったっぽい。うーん、お店の事情があるのかもしれないが、Check in Pleaseとか書いておかないと解るわけないのにと思った。メニューにEelとか英語で書く気遣いがあるのなら、もう少し客目線で考えてほしい。

 

 

店内はとても綺麗だが、その件がありずっとモヤモヤした気持ちで悶々としてしまった。

 

 

悶々しながら待つこと10分程度。まずは肝焼きが来た。2人前頼んだから4本だ。

 

 

嫁と2本づついただく。やたら苦いのに当たってしまって、舌がビリビリ痺れてしまったがとても美味しい。

 

 

お茶みたいな色だけど、山椒の粉。鮮烈な香りと味。少量から試してみよう。

 

 

さらに待つこと10分ほど。新川重が着陸した。他のうな重は蓋がついているのに新川重には無い。

 

 

見ての通り蓋が閉められない。このはみ出し方が新川重の特徴なのか。素晴らしい。遠慮なくはみ出してくれ。

 

 

うなぎが苦手な子供は、小骨とこのゴムゴムした皮が苦手なんだろうな。しかしここのように美味しいウナギは皮まで柔らかい

 

 

柔らかい皮なのだが、さらに柔らかさを追求するため、私は皮を剥いで食する。口の中でとろけるようだ・・。しかしご飯が少なすぎだろう。見てくれ、厚さ2㎝くらいしかない。本店の時は大盛りにするか聞いてくれたので頼んだが、ここでは聞かれなかったので気が付かなかった。これっぽっちのメシの量でうなぎのボリュームを受け止められると思っているのか・・

 

 

それはともかく美味しくいただき、嫁も満足してくれたようだ。それはなにより。

 

会計を終えて店内を見渡してみると、さっきの外人さんが食べていた。よかった。心底よかったと思った。怒って帰らなかったか心配したが、これで悶々が収まったよ。俺は日本が大好きだからな。世の中には日本が好きで中韓追い出せとか言う輩がいるが、そういう奴はウナギを喰って日本の心を思い出してほしい。好きだからこそ日本に来てくれる外国人には優しくありたいのだ。

 

店の混雑具合は、思ったより酷くはない。スーパーに毛の生えた規模だから、郊外から客が押し寄せることもないだろう。つまり客は近所の人ばかりだろうから名物には興味がないと推測する。

 

リーズナブルといっても、うなぎは高いからな。このボリュームで2,500円なら家族で行くならここ一択だろう。今度は子供を連れて来よう。

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-食べ物のこと
-, , , , ,

執筆者:


comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

関連記事

行徳 中国料理 独一処餃子に行ってきた

今日行ったのは独一処餃子行徳店だ。とくいつしょと読む。   独一処、ここだけでしか食べられない餃子という意味のようだ。   名前からしてチェーン店かなと思って記事は敬遠していたのだ …

東西線 行徳 ドリアンが食べられるお店 リトルバンコク

みなさんドリアンをご存知でしょうか。   ドリアンとは、フルーツの王様と言われる果物で、とても美味しく甘味な食べ物なのだが、とても臭いという欠点があるのです。   嫁はドリアンが大 …

行徳 旬鮮華なか家に行ってみた

今日は前から気になっていたお店に行ってみようと思う。     西友行徳や行徳図書館から南下したところにあるお店、旬鮮華「なか家」である。なか家と書いてなかやと読むらしい。 &nbs …

南行徳 豚豚屋 韓国家庭料理 焼肉 サムギョプサル酒場

ああ・・サムギョプサルが食べたい。   サムギョプサルとは、豚バラ肉の厚切り、青唐辛子、ニンニク、味噌を一緒にチシャ菜とエゴマの葉にくるんで食べるという料理のようだ。   私が新入 …

行徳 パキスタン インド レストラン ティッカハウス Tikka House

行徳から南方面に適当に進んだところに、ずっと前から気になっていたお店があるんだ。     それは、パキスタンインドレストランのティッカハウスのこと。     怪 …